2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 松代城① | トップページ | おんな城主直虎:35 »

2017年9月 9日 (土)

松代城②

Image_6 Image_7

松代城とその周辺の散策の続き。
まずは象山神社から。
幕末に活躍した松代藩士・佐久間象山を祀った神社。
ご神木はイロハモミジ。この木の場所には、初代藩主・真田信之の寵臣であった鈴木右近忠重の子孫の屋敷があってその庭にあった気なのだとか。こういうものを目にすると、遠い遠い昔と今の時代が繋がっているんだなあと感じます。

Image_8 Image_9

象山神社のつぎはこちら、文武学校。佐久間象山らの意見を取り入れ、蘭学や西洋砲術なども取り入れた藩校を目指して建設され。明治になってこの学校のなかに兵制士官学校なども作られたそうですが、その後廃校になり、廃藩置県後には松代小学校の校舎としても使われていたこともあったのだとか。今もお隣に現在の松代小学校があります。
右の写真は弓術所ですが、このほかの建物のほとんどが実際になかに入って見学ができ、天井の高さや太い梁が渡されたどっしりとした構えなどを体感できるのが良かったです。また、この建物を弓や槍のお稽古や、その他なにかの講座のようなものに使っている方たちがいるのがまた、まだ建物が史跡としてだけではなく“生きている”と感じられて良いなあという思いました。

Image_10 Image_11

文武学校の次は、真田邸。はじめは9代藩主の幸教が義母のために建てた“新御殿”でしたが、その後隠居した幸教がここに住んだといいます。そういう、お屋敷として使われていた時代の様子が分かる場所もありつつ、小さく仕切られた部屋が沢山ある場所は減退的な雰囲気もあって、色々な教室に使うことも可能なのだとか。例えばお花とかお茶とかもこういうところで習ったら面白そうです。
右の写真は庭園のもの。座って楽しむ庭園ですという案内表示があったので座った目線から写真も撮りました。遠くの山が借景になってかなり奥行きが楽しめるお庭のようです。
この後、真田氏ゆかりの品々を展示する真田宝物館も見学しました。個人的に興味津々だったのは家系図です。藩主が別の家から養子としてやってきた人や真田家にお嫁に来た人の出自などを見ていると、例えば昨年の大河ドラマに登場したあの人の子孫かも…と思う人がいたり、藩主として養子に来た人の元いた家からは何代か前にお嫁入りした人がいたり…そうやって縁は繋がっていくものなのかも…とふと思いました。
今回、気になったものすべてを回ることができなかったので、また機会を見つけて足を延ばしてみようと思います。

« 松代城① | トップページ | おんな城主直虎:35 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65748881

この記事へのトラックバック一覧です: 松代城②:

« 松代城① | トップページ | おんな城主直虎:35 »