2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 突然ですが、明日結婚します⑧ | トップページ | セイレーンの懺悔 »

2017年9月23日 (土)

ハーメルンの誘拐魔

Hamrunnoyuukaima

犬養シリーズ3作目。

中山七里
「ハーメルンの誘拐魔」

身体に障害のある少女が誘拐される事件が発生。
その後被害者は次々に増え、「笛吹き男」を名乗る犯人からの手紙には、身代金の要求先は、ある意外な相手だった…というお話。
誘拐犯が捜査陣や読み手の思惑を外してくるところなど、意外でありながらなんとなく想像がつく部分もある真犯人像、中山七里さんらしい、どんでん返しで気持ち良く騙され流されつつ、今回も楽しみました。
犬養の今回の相棒は犬養に反感を抱く女性刑事・明日香。ちょっと暴走気味なところもあってハラハラさせられますが、最終的には互いの足りない部分を補い合って新犯人逮捕に繋がっていったのが良かったです。
今回のお話でカギになったのは、子宮頸がんワクチン問題。ニュースでこの件を知った時、これは大変な問題というか、むごいなあと思ったのですが、現実の世界ではこんな大変なことが起こらないように、ちゃんと対策してほしいと思うばかりです。ワクチンと身体に現れた変化との関係がはっきりしないから調べませんではなく、はっきりしないからこそ副反応が出やすい既往歴やアレルギーはないかなど、関連を調べるとかするべきですよね…。今は定期接種を推奨してないようですが、私の周りでこの年頃の娘さんがいて「無料なら」って飛びつきそうな性格の人がいるということもありますが、そうでなくても親であれば、子どもが将来深刻な病気にかかる危険を排除したいという気持ちがあって当然なので、ちゃんとリスクも併せて知らせたうえで選択できるようにしてほしいものです。

« 突然ですが、明日結婚します⑧ | トップページ | セイレーンの懺悔 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーメルンの誘拐魔:

« 突然ですが、明日結婚します⑧ | トップページ | セイレーンの懺悔 »