2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« シティ・マラソンズ | トップページ | 3月のライオン⑬ »

2017年10月 4日 (水)

誰かが足りない

Darekagatarinai

同じ場所へ、同じ時間に。

宮下奈都
「誰かが足りない」

とても美味しいと評判のレストラン「ハライ」。この店に、同じ日の同じ時間に予約を入れた6組の人々のお話。
予約時間のほんの少し前、それぞれのテーブルにはそれぞれ誰かが足りなくて、その「誰か」を待つ人々。レストランや電車やバスの車内など、色々な人が色々な場所からそれぞれにやってきて居合わせる場所に自分が身を置いたとき、現実にふと思うような、周りのこの人たちはここまでの間にどんなことがあったのか…そして自分自身もまたその一人であるということ。それが宮下奈都さんの書く独特の静かな雰囲気を漂わせる文章に乗せられて、なんとも言えない魅力を感じさせる作品。
本屋大賞に選ばれた「羊と鋼の森」もその文章を楽しみましたが、個人的にはこちらの方が好きかもしれません。

« シティ・マラソンズ | トップページ | 3月のライオン⑬ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰かが足りない:

« シティ・マラソンズ | トップページ | 3月のライオン⑬ »