2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おんな城主直虎:45 | トップページ | 蜜蜂と遠雷 »

2017年11月21日 (火)

おんな城主直虎:46

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第46回:悪女について

信長に命じられ、「武田と通じていた科(とが)」により嫡男・信康を死罪にすると宣言した家康。
しかし実はその裏で、信康の身をあちこちの城に移動させて時間を稼ぎ、その間に北条と手を結ぶことで武田を追い込み、それを手土産に信康の命を助けよう…という策を講じていました。が、しかし。信康の母である瀬名は、「武田と通じていたのは自分」であることにして息子の命を助けようと、石川教正とともに城から姿を消し、家康は、瀬名に追っ手を差し向け首をはねよと命じるしかありません…。
北条と手を結ぶ交渉に動いてたのは、今川氏真。その交渉が実った知らせもむなしく、瀬名は追っ手の手にかかり命を落としていました。そして…その瀬名の死をもってことを収めようとした家康ですが、それでは納得しなかった信長。ということで結局、瀬名がそこまでして守りたかった信康も自刃。
家康の母である於大の方は、もうひとり男子が生まれたから大丈夫と言っていましたが、もうすでに武人として、また人の上に立つものとして力を発揮し始めていた信康と、その母である正室を失ったのは大変な痛手としか思えません。
そして…命を落とす前の瀬名と接し、このような命のやりとりが延々と繰り返されることをやるせなく感じ、戦のない世をめざすという同じ思いを共有した直虎と千代丸。材木の一件以来ずっとぎくしゃくしていたふたりですが、こんな大変なことが起こり、それを目の当たりにするにいたり、もうそれどころではない感じではあるかもしれません。

« おんな城主直虎:45 | トップページ | 蜜蜂と遠雷 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:46:

« おんな城主直虎:45 | トップページ | 蜜蜂と遠雷 »