2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 陰陽師玉手匣⑤再読 | トップページ | 陰陽師玉手匣⑦完結 »

2017年11月15日 (水)

陰陽師玉手匣⑥再読

Onmyojitamatebako6_2

完結したので最初からおさらい・その⑥

岡野玲子
「陰陽師玉手匣」第6巻

酒呑童子の寝所の周りの四季の部屋や、内裏で匏が体験した出来事や彼女の語る一族(丹波の海人族)の物語など、心惹かれる部分はあるけどとにかく難しくなってきました…。
なんとか頑張ってお話についていってる感じではあるなか、酒吞童子、匏、晴明、博雅、それぞれの人が内面に持つ切なさや哀しさや大事なものが伝わってくるところもありました。
とくに博雅の、晴明を追って迷わず目の前の渦に飛び込んでその先で色々なことが起こっても受け止めるところ、やっぱり好きです。
さて…あと1冊で完結というところまでやってきました。

« 陰陽師玉手匣⑤再読 | トップページ | 陰陽師玉手匣⑦完結 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師玉手匣⑥再読:

« 陰陽師玉手匣⑤再読 | トップページ | 陰陽師玉手匣⑦完結 »