2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おんな城主直虎:50(終) | トップページ | たれぱんだ2018 »

2017年12月19日 (火)

映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」

Lastrecipi_2

2017年、映画館で観る19作目はこちら。

映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」

一度食べたものの味を忘れず、その味を再現できる“麒麟の舌”の持ち主・佐々木充。彼のもとに舞い込んだ依頼、それは「かつて満州国で伝説の料理人・山形直太郎の作った幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”を再現せよ」というもの。そのレシピを知るべく、充は様々な人を訪ね歩き、山形と彼の料理について知ることになる…というお話。
山形が手掛けたフルコースのレシピの詳細、そこに関わるある陰謀など、興味をそそる部分が数多く登場して楽しむ反面、なぜこの主人公がこのエピソードを知ったり自分の過去の挫折について思ったりしないといけないのか…という、ちょっと腑に落ちない部分を感じながら観ていたのですが、終盤、ちゃんとそれが腑に落ちる展開になったので、そこは物語として良かったなあと思うのと同時に、伝説の料理人とか、そういう存在ではなくても、自分というひとりの人間がここに存在するのには、もしかしたら自分の知らない奇跡的なことがあってもおかしくないなあということもふと思いました。

« おんな城主直虎:50(終) | トップページ | たれぱんだ2018 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」:

« おんな城主直虎:50(終) | トップページ | たれぱんだ2018 »