2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ヒポクラテスの憂鬱 | トップページ | 映画「嘘を愛する女」 »

2018年2月11日 (日)

七つ屋志のぶの宝石匣⑥

51qxifkb7yl_sl500_

北上家一家消失の謎。

二ノ宮知子
「七つ屋志のぶの宝石匣」第6巻

老舗呉服店のお家騒動や、資産家一家の宝石をめぐるある騒動、志のぶの石の気を見る力や顕定の的確な助言などによって、それはなんとか丸く収まってはいくけど、顕定の探す赤い石の行方は分からず。
志のぶには石の気が見えなくなる問題や進路問題の持ち上がったこの巻。顕定が志のぶに与える影響の大きさとか、ふたりが互いに補い合う関係なんだなと感じさせられました。
さて…北上家の一家消失の真相も気になるところではありますが、この巻から登場の乃和の兄が何やらただ者ではなさそうな雰囲気なところも気になります。続きが待ち遠しいです。

« ヒポクラテスの憂鬱 | トップページ | 映画「嘘を愛する女」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七つ屋志のぶの宝石匣⑥:

« ヒポクラテスの憂鬱 | トップページ | 映画「嘘を愛する女」 »