2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ヲタクに恋は難しい⑤ | トップページ | 続古文書手習い »

2018年2月 8日 (木)

悪意の手記

51j3sx37grl_sl500_

ある青年の苦悩。

中村文則
「悪意の手記」

大病を患った主人公が死の恐怖に苛まれた結果、もとの生活に戻っていくことへの虚無感に襲われたり、殺人を犯しその事実を抱えて生きる日々のお話。
治らない可能性が高い病や殺人などが登場するので、すごく特殊な登場人物の特殊なお話に感じる一方、自分は周りとは違うという違和感や特別感、後から思えば、何であんなこと思ったりやったりしちゃったんだろう?と思うような言動、そしてそれがある日突然、夢から覚めたみたいに終わっていく感覚。そんな思春期らしいものが描かれた作品なのかなとも感じました。
何とも言えない鬱々とした、絶望的な空気が漂っていましたが、主人公には少ないながら自分を思ってくれる人が近くにいたのがわずかな救いかもしれません。

« ヲタクに恋は難しい⑤ | トップページ | 続古文書手習い »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪意の手記:

« ヲタクに恋は難しい⑤ | トップページ | 続古文書手習い »