2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 下鴨アンティーク⑦白鳥と紫式部 | トップページ | 作家刑事毒島 »

2018年2月16日 (金)

裸の華

Hadakanohana

再出発、そして、再出発。

桜木紫乃
「裸の華」

舞台は札幌。元ストリッパーのノリカが怪我で引退しダンスバーを開店する…というお話。
ダンサーとして応募してきた瑞穂とみのり、バーテンダーのJIN、常連客など。それぞれに抱えるものがある人々の集まるバーには、今がどんなに楽しくても、ずっとこのままではいられない雰囲気も漂いますが、そういう部分もまた魅力的なのかもしれません。
いままでに読んだ桜木紫乃さんの作品と比べると、じくじくと寒くて逃げ場のない感じは薄い…と思いながら読んでいましたが、主人公のノリカが最後に選んだ道を見るとやっぱり桜木紫乃さんの雰囲気だなあと思いました。

« 下鴨アンティーク⑦白鳥と紫式部 | トップページ | 作家刑事毒島 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裸の華:

« 下鴨アンティーク⑦白鳥と紫式部 | トップページ | 作家刑事毒島 »