2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 元カレが腐男子になっておりまして。① | トップページ | 映画「祈りの幕が下りる時」 »

2018年2月21日 (水)

臣女

Omionna

巨→臣。

吉村萬壱
「臣女」

高校教師である主人公の浮気を妻・奈緒美が知った翌日。妻の体に異変が起こり、、巨大化していく…というお話。
浮気をしたら妻(もしくは夫)は必ずこうなると決まっていたら浮気する人はものすごく減るだろうなあ…なんてことを思ってしまいました(苦笑)。こういう出来事がきっかけで心身のバランスを崩す…というようなことを奇想天外な形で描いたということなのかなあと思いながら読んだのですが、とにかく食事時には絶対読めないような描写が多かったです。小康状態というか、奈緒美の様子やふたりの関係が落ち着いているときなど、この奈緒美の大きな体がパクッとと割れて元のサイズの奈緒美が出てきたらいいのに…と、あり得ないとは思いつつも、そういう結末を心のなかでつい望んでしまいました。
そして終盤、本当にこれは浮気が原因だったのかな?と思うようなことも出てきて、ちょっとモヤっとする終わり方ではありましたが、先の読めない展開など、なかなか楽しめました。

« 元カレが腐男子になっておりまして。① | トップページ | 映画「祈りの幕が下りる時」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臣女:

« 元カレが腐男子になっておりまして。① | トップページ | 映画「祈りの幕が下りる時」 »