2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 青列車の秘密 | トップページ | たゆえども沈まず »

2018年3月 6日 (火)

スイーツ刑事

Sweetsdeka

スイーツと殺人事件。

大平しおり
「スイーツ刑事 ウェディングケーキ殺人事件」

和菓子屋の娘の杏子(あだ名はあんこ)は、あるお巡りさんとの出会いをきっかけに警察官に。そして刑事初日、スイーツフェスの会場でウェディングケーキが関わる事件を捜査することになる…というお話。
スイーツ好きの上司・加東慶貴が登場するまで、ずいぶん引っ張るなあ〜という感じはありましたが、地の文も会話もテンポよく進むのでサラッと読みやすかったです。が…、これが子の作家さんの個性だというのならそれもそれまでなのですが、ところどころで、その言葉自体は悪くないけど、その文章であったりお話の流れとかのなかにはめ込んだときに、これって伝えたいことがちゃんと伝えられているのかな?と思う部分がいくつかあって、引っかかりました。
読みやすかったわりに、事件は被害者の周りに因縁のある人物が多すぎて、ドロドロしていたなあという印象。メインの2人はもちろん、上司や先輩がそれぞれに面白いキャラクターなので、シリーズになったらまた読みたいなあと思います。

« 青列車の秘密 | トップページ | たゆえども沈まず »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイーツ刑事:

« 青列車の秘密 | トップページ | たゆえども沈まず »