2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« kiriアイスバーストロベリー | トップページ | 映画「北の桜守」 »

2018年4月20日 (金)

銀河鉄道の夜

Gingatetsudonoyoru

ようやく読みました。

宮沢賢治
「銀河鉄道の夜」

貧しい家の少年ジョバンニが親友のカムパネルラと銀河鉄道に乗って旅をするお話(表題作)。
有名な話なので最後どうなるかも知っていたのですが、実際に読んでみると、ジョバンニの孤独などの辛さによる哀しくやるせない感じ、カムパネルラにも、表立っては語られない何らかの悩みが見えるようでもあり、また、美しい景色や様々な人々との出会いにワクワクさせられました。
表題作以外では「双子の星」「よだかの星」「北守将軍と三人兄弟の医者」が印象に残りました。独特な世界観と難解な言葉が多く、読むのが大変だと感じる部分もありましたが、ファンタジックなところや皮肉が利いたところなど、いくつも楽しめたのが良かったです。

« kiriアイスバーストロベリー | トップページ | 映画「北の桜守」 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/66867746

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道の夜:

« kiriアイスバーストロベリー | トップページ | 映画「北の桜守」 »