2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« がん消滅の謎 | トップページ | 竹々 »

2018年5月23日 (水)

三曲協会演奏会

今月、ふたつの演奏会に参加する機会がありました。
そのひとつめが、所属する地元の三曲協会の支部の演奏会。
参加した曲は、宮城道雄「虫の武蔵野」/唯是震一「石狩川(春)」/「三曲第三番(古稀の曲)」の三曲でした。
演奏会に向けて三つの曲を練習するのは結構大変でしたが、自分なりの頑張りで何とか乗り切ったという感じ。
今回、三曲のうち「虫の武蔵野」と「石狩川(春)」は尺八だけでも8人が参加する、大人数の大合奏でしたが、「三曲第三番(古稀の曲)」は少人数での演奏でしたが、昨年秋、別の演奏会に同じような編成で参加させていただいたとき、練習ではもちろん、本番でも途中までは問題なく演奏できていたのに、ふとしたきっかけで歯車が狂って手ごたえの得られない結果になってしまい、ご一緒させていただいた先生方には、練習のときからとてもよくしていただいたのに、本当に申し訳ない…と悔やみました。今回の演奏会では、その時にご一緒させていただいたのとは別の先生方にお世話になりましたが、やっぱり練習のときから大変よくしていただいたので、今回は絶対に良い結果で終わりたい…と思って練習したり、本番中、良い緊張や集中が緩まないように常に意識したりしたのですが、なんとか大きなミスなく、落ち着いて最後まで演奏できた気がします。
大編成で演奏した曲では、思ってもみなかったアクシデントも起こりましたが、動揺しながらもなんとかしないと…という感じで演奏が進んで、後になって思うと、そこで壇上にいたすべての人が、演奏をなんとかまとめよう…と頑張ったんだな…と感じ、怒らない方が良かった出来事ではありますが、貴重な体験になりました。
今回初めて参加させていただいた演奏会ですが、今後も毎年参加させていただくようになるであろう演奏会なので、次も、またその次も、自分なりに何かが得られるような経験ができればいいなあと思います。

« がん消滅の謎 | トップページ | 竹々 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/66876644

この記事へのトラックバック一覧です: 三曲協会演奏会:

« がん消滅の謎 | トップページ | 竹々 »