2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« けんえん。⑤ | トップページ | 7月の観たい映画その後 »

2018年7月28日 (土)

けんえん。⑥

Kenen6

風越洞×壱村仁
「けんえん。」第6巻

静岡の猿の妖怪・マシラと信州の霊犬・ハヤテのお話、第6弾。
マシラとハヤテが(それから弁存と行念とメタテカイも)いよいよ諏訪に。
近くにずっと住んでいながら、諏訪湖や諏訪大社や御柱について深く考えたことはなかったのですが、諏訪湖周辺で中央構造線とフォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)が交錯していることを考えると、諏訪湖の周辺に地震や噴火などが起こらないための抑えとして社と御柱が必要っていう着想は実際ありそうな気もするわけで…。
新たな攫猿・猩(ショウ)も重用な役回りらしく、続きが楽しみなところです。

« けんえん。⑤ | トップページ | 7月の観たい映画その後 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/66949895

この記事へのトラックバック一覧です: けんえん。⑥:

« けんえん。⑤ | トップページ | 7月の観たい映画その後 »