2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 合奏研修会 | トップページ | 東京国立博物館「縄文 1万年の美の鼓動」 »

2018年8月28日 (火)

国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」展

_20181014_175127

上野でアートな一日。
まずこちらから。

国立西洋美術館
「ミケランジェロと理想の身体」展
2018年6月19日(火)-9月24日(月・休)

本当は、東京国立博物館の縄文展を観に出かけたのですが…、だいぶ手前の国立西洋美術館へ、つい入ってしまうという。もう最近、これがお約束になってしまっているような…(苦笑)。
ミケランジェロの「ダヴィデ=アポロ」や「若き洗礼者ヨハネ」を中心に、ルネサンス様式に受け継がれた古代ギリシャ・ローマの彫刻に表された人体の理想像を、世代別に紹介する展示。
胸板や背中の厚みとか力強い脚など、なるほどこれは確かにかっこいい…と思いながらたくさんの彫刻を見て回りました。あくまで理想なので、この彫刻が造られた頃に、こういう体形の人がたくさんいたかというと、そうでもないのかもしれませんが…。
そして、ミケランジェロ。「ダヴィデ=アポロ」には、彼が実際に目にしたという「ラオコーン」に見られる人物の身体を大きく捻ることによって躍動感を出す効果が使われているのだとか。確かに…静かな様子の像なので気づきづらいのですが、腰から胸にかけてのラインに捻りがありますね…。
また、「若き洗礼者ヨハネ」は、少年ぽさのある可愛らしい見た目に心を惹かれますが、スペイン国内の内戦によって破損の被害を受けたり、行方不明の時期があったり、大変な目に遭いながら、長年の修復作業によって蘇ったものだとか。そういうエピソードとともにこの像を鑑賞すると、戦争の罪深さとかにまで思いを寄せずにはいられません。

_20181014_175046

おまけ。こちらは撮影OKだったラオコーン像。ものすごく躍動感のある姿でした。

« 合奏研修会 | トップページ | 東京国立博物館「縄文 1万年の美の鼓動」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」展:

« 合奏研修会 | トップページ | 東京国立博物館「縄文 1万年の美の鼓動」 »