2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« シロがいて | トップページ | 100分de名著「ペスト」 »

2018年9月 4日 (火)

ペスト

Pest

100分de名著をきっかけに。

アルベール・カミュ
「ペスト」

アルジェリアの海に面した都市オランでペストが発生。医師のリウーたち登場人物の、孤立した環境やペストに向き合うなかでの心の動きなどが描かれるお話。
カミュは、「異邦人」も読んだことがなくてこれが初読み。
今までに経験のないような事態に遭遇したとき、その渦中、それが過ぎつつあるとき、…それを信じたくないとか、大したことないことだとか、自分にはあまり関係ないと思いたい気持ちとか、危機が去ったからといってなかったことにはできないし、以前の状態に完全に戻ることはできないという胸の内にくすぶる思い…。
この作品に描かれているのは、戦争、紛争、事故や事件、自然災害、それ以外の人生の上での大きな出来事や変化、…時代や国を越えてどんな人にもハッとさせられたり共感する部分のある個人や社会の動きという感じがして、こういうことを感じさせるのが普遍的な作品なんだろうなと感じました。
難しく感じるところもたくさんありましたが、この作品に出会えて良かったです。

« シロがいて | トップページ | 100分de名著「ペスト」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペスト:

« シロがいて | トップページ | 100分de名著「ペスト」 »