2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 屋根裏の仏さま | トップページ | 兵士の物語in松本 »

2018年9月23日 (日)

ある奴隷少女に起こった出来事

Arudoreishojoniokottadekigoto

長い時を経てベストセラーに。

ハリエット・アン・ジェイコブズ
「ある奴隷少女に起こった出来事」

奴隷の身分に生まれた女性が、様々な虐待を受けながら自由を勝ち取ろうとした半生を綴った実話。
奴隷身分の人はこんな知的な文章を書かないだろう…という理由でフィクションとされ、実話だと判明するまでの126年間も忘れ去られていたこの本。
多くの方の力があり、私の手元にこの本がやってきて読むことができて本当に良かったです。リンダ(著者のハリエット)の置かれた状況があまりにも酷くて、フリント医師とその家族はもちろん酷いのですが、サンズ氏のやってることも、リンダを救うのか救わないのかどっちつかずでなんか嫌でした…。
リンダは過酷な状況のなかでも協力してくれる人がいたりしてなんとか自由になれましたが、 そうじゃない人がたくさんいて…と思うと、なんとも暗い気持ちにならないわけにはいきませんでした。
今はこういう目にあう人もいなくて幸せだなあって言えたら良いのでしょうが、そうじゃないんですよね…。
この本の終盤を読んでいるとき、今年のノーベル平和賞が発表されましたが、その受賞者が評価された活動内容が、この世界は、この本が書かれて150年が経った今でも、人種や性に対する差別や奴隷というものも、人を人とも思わないような非人道的なことも、まだたくさんあるということを物語っている…と思うと、何とも言えない気持ちになりました…。

« 屋根裏の仏さま | トップページ | 兵士の物語in松本 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/67271149

この記事へのトラックバック一覧です: ある奴隷少女に起こった出来事:

« 屋根裏の仏さま | トップページ | 兵士の物語in松本 »