2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 青春ピカソ | トップページ | 松平不昧展 »

2018年12月19日 (水)

花のジャポニスム展

_20181229_214025

久しぶりに、ここへ。

花のジャポニスム展
北澤美術館にて
2018年4月4日(水)-2019年3月31日(日)

日本が鎖国を解いたことで、ヨーロッパへ渡った日本の美術工芸品は、印象派やアールヌーヴォーなどに影響を与え、それはジャポニスムと呼ばれるようになりました。そんななか、品物とともにヨーロッパの人々の心を掴んだのは日本の植物で、ガレの庭にもたくさんの日本の草木があったのだそう。今回は、ガレ、ドーム兄弟の作品のなかから、日本の花をテーマにした作品を紹介する展示。
ガレもドーム兄弟も、たくさんの草木などをモチーフにした作品を作っていたなかで、日本から渡ってきたものに目を留めたのはなぜだったんだろう…ということを考えさせられます。今まで身近になかったようなものだから新鮮に映ったのか、もともと、ヨーロッパにあるような種類のものより、日本から渡ってきたようなものの形や色などが好みだったのか、もしくはその両方なのか…。
また、彼らの作品を手にする人々のなかにも、新たなモチーフを扱ったものに新鮮さや魅力を感じり、なにか新しいものを手に取りたいという欲求があったのかもしれない…とも思います。
今回、新収蔵の作品をたくさん観ることができましたが、オレンジや黄色など、今までこちらの美術館で観る機会の多かった作品ではあまり目にしなかったような色合いのものがたくさんあり、新鮮に感じることができました。

« 青春ピカソ | トップページ | 松平不昧展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花のジャポニスム展:

« 青春ピカソ | トップページ | 松平不昧展 »