2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ムンク展 | トップページ | 皇室ゆかりの美術 »

2018年12月 4日 (火)

東山魁夷展②

_20181229_212003

2回目行ってきました。

生誕100年 東山魁夷展(東京展)
国立新美術館にて
2018年10月24日(水)~12月3日(月)

日本画家・東山魁夷さんの生誕110年を記念する展覧会。
1月にも観に行ったのですが、魁夷さんの作品が本当に大好きで、大好きすぎるので、私にとっては本当に珍しいことですが、会期終了間際にもう一度訪れました。
今回は夜に訪れたので、普段はあまり味わうことのない、夜の美術館の雰囲気も味わうことができました。
一度目と同様に、唐招提寺御影堂の襖絵や障壁画に心を奪われ、何年先になってもいいから、いつか、唐招提寺でこれを観たいという思いを強くし、数々の作品に静かに心を躍らせる素晴らしい時間になりました。
そして、今回自分でもびっくりしたのですが、魁夷さんの絶筆とされている作品「夕星」の前に立っているうちに、自分のなかにぐっとくるものがあって、涙が溢れました。今まで、この作品は何度も観ていて、その度に、安らかな気持ちとか、穏やかな気持ちとか、多少の切ない哀しい気持ちというのは味わったことがありましたが、こんな風に強い感情がこみ上げたのは初めてでした。
同じ展覧会に2回足を運ぶのは初めてのことだったので、作品の前に立った時の間隔がどうなるのか、自分でも未知数なところがありましたが、1回目と2回目、それぞれに心動かされる瞬間があり、とても素晴らしい時間になりました。

« ムンク展 | トップページ | 皇室ゆかりの美術 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷展②:

« ムンク展 | トップページ | 皇室ゆかりの美術 »