2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« スケジュール帳2019 | トップページ | 後宮の烏 »

2018年12月14日 (金)

天才までの距離

Tensaimadenokyori

シリーズ2作目。

門井慶喜
「天才までの距離」

偽物なら苦味、本物なら甘み。その品を見た瞬間、その真贋を味覚で当てることができるという美術コンサルタント・神永美有と、美術講師・佐々木昭友が、鑑定にまつわる謎に挑む、美術探偵・神永美有シリーズ第二弾。
タイトルの、「天才までの距離」の“までの”ってそういうことか~と思いつつ。
東京と京都で離れていながらも、佐々木先生と神永さんが相変わらず仲良しで微笑ましいえです。表紙になっているレンブラントの絵を知っていたからか、最終話がいちばん読みやすかったかなあという印象。
神永さんの舌はまだ発展途上ということらしいので、次の巻もどんなことが起こるのか楽しみです。

« スケジュール帳2019 | トップページ | 後宮の烏 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天才までの距離:

« スケジュール帳2019 | トップページ | 後宮の烏 »