2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~ | トップページ | 3月のライオン⑭ »

2019年2月 5日 (火)

けんえん。⑦

Kenen7

マシラ、龍神様のもとへ。

風越洞×壱村仁
「けんえん。」第7巻

母親に会うため諏訪に向かう途中、辰野で会った少女・杵の願いを叶えるため、諏訪神社に向かった猨(マシラ)と疾風(ハヤテ)。そこでさらに、古からこの地を守る神から、逃げ出した災厄を捕まえるよう依頼される…というお話。
何もないところから生み出すのではなく、もとあるどこかから移すのであって、その報いは受けないといけないということ、なんだかとても腑に落ちて、杵にとっては切ない結末になりましたが、仕方ない…と思ってしまう展開でした。
さて…、本筋というべき猨とお母さんのお幸のお話は次の巻。気になるところです。

« ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~ | トップページ | 3月のライオン⑭ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けんえん。⑦:

« ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~ | トップページ | 3月のライオン⑭ »