2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 声に出して読みたい日本語① | トップページ | 水雷屯-信太郎人情始末帖② »

2019年3月 6日 (水)

とっぴんぱらりの風太郎

Toppinpararinoputarou

久々、万城目さん。

万城目学
「とっぴんぱらりの風太郎」

体が重くてどうしようもない状態の主人公・風(ぷう)太郎。どうしてそうなったのか…という長い長い(本当に長い…!)お話。
万城目さんは他にも大阪城の出てくるお話を書いていたけど…こちらの方が戦の時代そのもののお話であるせいか、生々しく感じましたが、主人公の、決して完ぺきではない、どちらかというとちょっと頼りない部分もあるところに親近感がわいて、お話の魅力になっているなあ…と感じながら読みました。
そんななかで、色々な人が色々な思いで繋ごうとしたひとつの命が、この物語の末にどうなったのか…もしも脈々と受け継がれていたとしたら…と想像せずにはいられず、なんとも言えないロマンを感じさせてくれます。

« 声に出して読みたい日本語① | トップページ | 水雷屯-信太郎人情始末帖② »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とっぴんぱらりの風太郎:

« 声に出して読みたい日本語① | トップページ | 水雷屯-信太郎人情始末帖② »