2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画「グリーンブック」 | トップページ | いだてん⑯ »

2019年4月28日 (日)

映画「翔んで埼玉」

Tondesaitama

2019年、映画館で観る8作目はこちら。

映画「翔んで埼玉」

東京都知事の息子・百美と埼玉県人の麗が出会い、自由を求める埼玉を含めた近県の人々を巻き込んでの壮絶なバトルのお話。
これだけ「埼玉、埼玉」と言われているのに、地名はあくまでも実在の地名とは関係ないのです。と言われても(苦笑)。
だからこそ、東京と埼玉(そして他の近隣県)との落差や、現実にはあり得ない罵詈雑言などの描写に過激な荒唐無稽さを演出しているんだろうなあ…と感じました。
そして、その荒唐無稽な世界観のなかで、埼玉県民は埼玉愛を叫び、千葉県民は千葉愛を叫び、東京都民はその他県民への偏見ゆえに恐れおののく…、そんな姿をひとりひとりの役者さんたちが真剣に、熱心に演じることで滑稽さが生まれつつも胸が熱くなり、目頭が熱くなる瞬間が度々ありました。
で…、私からすれば結構都会な埼玉が散々な扱いを受け、このお話のなかではある意図により「秘境」とされている群馬、それよりもさらに東京から離れた我が長野県は…、いったいどういう扱いを受けてしまうのか…、いっそのこと外国扱いだろうか?でもその方がマシかもしれない…なんてことをとりとめもなく考えたりもしました。
…ずっと気になりながらも観に行く機会を逃し、図らずもこれが平成最後の映画鑑賞になりましたが、これがその作品になったのは良かったなあと思える作品でした。

« 映画「グリーンブック」 | トップページ | いだてん⑯ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「グリーンブック」 | トップページ | いだてん⑯ »