2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おいしい時間(三谷幸喜のありふれた時間15) | トップページ | スマホを落としただけなのに »

2019年4月14日 (日)

いだてん⑭

新章スタート。

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」
第14回:新世界

思うような結果を残せず日本に帰った四三を、徒歩部の面々や体協の可児は温かく出迎えますが、その報告を聞く永井道明は渋い顔。そして、見たことのない異国の話を興味深そうに(でもマラソン惨敗のことには触れずに)聞く人々のなか、「敗因はなんなのか」と厳しい声を上げた女性が。永井の弟子で東京女子高師学校(現・お茶の水女子大)の助教授・二階堂トクヨ。演じるのは寺島しのぶさん。さすがというべきか、すごい存在感です…。トクヨはこの後、イギリス留学を経て日本での女子スポーツ普及に貢献することになる人物だとか。
四三がストックホルムからの帰りに持ち帰った様々なスポーツ用品、可児が取り入れた球技(現在のドッジボールの前身)など、新たなスポーツが日本にも流入しはじめて、まだそれが一般に広まるところまではいっていないけれど、なんだかとても楽しそうです。
そして、オリンピック後、そのまま留学していた弥彦も帰国。時代は明治から大正に変わり、「もう天狗倶楽部だと言ってばかりはいられない」という仲間たち、「野球はけしからんスポーツ」とされていることに衝撃を受けることに…。
そしてまた治五郎の設立した体育協会でも、事件が。治五郎が留守の間に、治五郎がオリンピックのために借金をした相手が捺しかける騒動が起こり「時代は変わった」という永井によって新たに副会長というポストが設けられていて、治五郎もまた衝撃を受けることに…。
そんななか、永井から体育教育を根付かせるため全国を回る仕事を命じられ、次のオリンピックに向けてのトレーニングをしたいのに…と戸惑う四三は、兄・実次から「とにかく一度帰ってこい」と言われ、熊本へ。そこで待っていたのはなんと見合いの席。そして見合い相手として現れたのは、金栗家の遠縁である池部家に嫁いだはずのスヤ。スヤの義母だったはずの幾江。幾江いわく、「どうしてこうなったのか、説明するには今日はもう時間が足りないので続きは次回」だそう。
あ、そうそう。後の志ん生となる孝蔵の方でも動きが。師匠の円喬は孝蔵の才能に気づき、地方周りに出かける噺家への弟子入りの話を取り付けてきたのです。俺は見捨てられたのか…という思いもあるなか、東京を発つ孝蔵の見送りにやってきた円喬の選別の品や新しい師匠となった人への言葉には、不器用ながら弟子を思う気持ちが溢れていて、ぐっとくるものがありました。
ストックホルム編の雰囲気にようやく慣れたところでしたが、新章に入り新しい登場人物、新しい展開目白押し。どうなることでしょうか…。

« おいしい時間(三谷幸喜のありふれた時間15) | トップページ | スマホを落としただけなのに »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おいしい時間(三谷幸喜のありふれた時間15) | トップページ | スマホを落としただけなのに »