2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« いだてん⑱ | トップページ | きずなー信太郎人情始末帖 »

2019年5月14日 (火)

金の魚

Kinnosakana

表紙とタイトルに惹かれて。

A.プーシキン(作)/V.ナザルーク(絵)/みやこうせい(訳)
岸田今日子・Y.ノルシュテイン(朗読)
「金の魚」

海へ魚を捕りに行ったおじいさん。網にかかった金の魚は、「助けてくれたらなんでも好きなものをあげる」というのです…。
最初は金の魚の申し出を断りながらも、その話を聞いて、どんどん欲深くなっていくおばあさんの要求に、とんでもないと思いながらも断れず海へ出かけて金の魚を呼ぶおじいさんがもどかしく、おじいさんが海を訪れる度に荒れ模様になっていく海の様子が恐ろしかったです。
この本は朗読CDつき。日本語は岸田今日子さん。おじいさんのところがほんとにおじいさんらしくて、素晴らしかったです。そして、ロシア語はアニメーション監督のユーリー・ノルシュテインさん。ロシア語は全く分からないのですが抑揚が心地よかったです。
装丁も美しく素敵な本でした。

« いだてん⑱ | トップページ | きずなー信太郎人情始末帖 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いだてん⑱ | トップページ | きずなー信太郎人情始末帖 »