2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 八重桜と散歩道 | トップページ | パーマネント神喜劇 »

2019年5月 8日 (水)

目覚めよと彼の呼ぶ声がする

Mezameyotokarenoyobukoegasuru

エッセイ集。

石田衣良
「目覚めよと彼の呼ぶ声がする」

石田衣良さんが1998〜2005年に新聞・雑誌などに書いたエッセイをまとめた本。
いつも小説を読んでいて感じる、石田衣良さんの文章のうまさとか品の良さとか、小説ではない素の文章をまとめて読んでみて、それがなぜ生まれてくるのか、分かったというとおこがましいのですが、なんとなく感じられる部分があった気がしました。
恋愛がテーマの章や朝日新聞の時評のなかに一部分、うーん…こんなこと書いて大丈夫ですか?と思ってしまったものもあったのですが、他は楽しく読めました。
そして、エッセイのなかで取り上げられていた藤沢周平さんの「用心棒日月抄」と田村隆一さんの詩集を読んでみたくなりました。

« 八重桜と散歩道 | トップページ | パーマネント神喜劇 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重桜と散歩道 | トップページ | パーマネント神喜劇 »