2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 演奏会6/8 | トップページ | 秘密④ »

2019年6月16日 (日)

いだてん㉓

第2章⑩

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」
第23回:大地

四三の退職を求める署名に反対し教室に立てこもった富江たち。
シマの提案で、富江は四三の退職阻止のため父の大作のかけっこ競争を行なって勝利。
新学期が始まり、シマと富江たちは浅草でオペラ見物のため待ち合わせ。治五郎は完成間近の神宮外苑競技場で日本でのオリンピック開催、柔道を世界中に広めるという夢を四三に語り、一方、孝蔵・おりん夫婦は、貧乏と夫の酒浸り生活のせいで破局寸前。
そんなときに起こった大地震。関東大震災です…。
地震、火事、行方の知れない家族や知人。孝蔵の語る震災の様子が、淡々としているだけに胸に迫ります…。
そんななか、浅草に行ったシマの行方が分からなくなり、夫の増野の四三は探し回るも手掛かりはなく、絶望的な、不安な気持ちのまま次回へ。
次回予告にはシマの姿がありましたが、どういう展開になっているのか…。
そして1964年パートで、増野とシマの結婚式の写真が、志ん生の弟子・五りんの「母の形見」として登場。
シマのエピソードを五りんが語るようになって、何かあるなあとは思いましたが…、いよいよそのあたりのことが分かるときが来たようです。
四三編のクライマックスと合わせて、そちらも気になるところです。

« 演奏会6/8 | トップページ | 秘密④ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 演奏会6/8 | トップページ | 秘密④ »