2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 陰陽師 女蛇ノ巻 | トップページ | 108 »

2019年9月 6日 (金)

宇喜多の楽土

Ukitanorakudo

楽土を夢見た親子。

木下昌輝
「宇喜多の楽土」

「宇喜多の捨て嫁」の続編。
梟雄と恐れられた男・宇喜多直家の息子として生まれた秀家が主人公のお話。
信長の死後、毛利との争いに加えて秀吉や家康の天下取りへの動き…。難しい時代のなかで、父から受け継いだ干拓事業とそこに暮らす民を守ろうとし、家臣を守り、父亡き後の自分を取り立ててくれた秀吉への恩を忘れず豊臣家のために戦うも、次第に追い込まれていく、秀家。
ひとつの家が、大名として、武家としての命を終えていく
のを読むのは辛いものがありましたが、もしも、大名ではなくなったことで得たものがあったのなら良かったと思いました。
本当はどういう人だったかはともかく、このお話で描かれる秀家はなんだか身近な存在に思えました。

« 陰陽師 女蛇ノ巻 | トップページ | 108 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陰陽師 女蛇ノ巻 | トップページ | 108 »