2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 紗々ほうじ茶味 | トップページ | 木曜組曲 »

2019年9月19日 (木)

戦国24時

Sengoku24ji 

それぞれの24時間。

木下昌輝
「戦国24時 さいごの刻(とき)」

豊臣秀頼、伊達政宗、今川義元、山本勘助、足利義輝、徳川家康。
戦国を生きた人物それぞれの大きな出来事を、その24時間前から描く6つのお話。
最初と最後のお話が大阪城の内と外で戦ったふたりが主人公なのが興味深いところです。
「お拾いさま」のように淀殿の言動の裏側にある思惑を描いている作品を他にも見たことがあったのですが、同じ出来事を描いても全く別の物語になり得るんだなあとあらためて気づかされました。
“人間(じんかん)五十年、下天の内をくらぶれば夢まぼろしの如くなり”
下天の神から見れば、夢幻の如く人間の世界の五十年。
とはいえそこには、たくさんの人の人生、命、思いが渦巻いているという、そんなことを想像しながら読みました。

« 紗々ほうじ茶味 | トップページ | 木曜組曲 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紗々ほうじ茶味 | トップページ | 木曜組曲 »