2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 七つ屋志のぶの宝石匣⑨ | トップページ | 砂漠 »

2019年10月11日 (金)

大奥⑰

Oooku17

新しい時代に向けて。

よしながふみ
「大奥」第17巻

14代将軍・家茂、二度の上洛からの三度目の出立まで。
家茂の人気者ぶりと、慶喜の人望のなさ。この差が大きく、そんな慶喜の姿を見て家茂が抱く思いを知ると、ああこの人がせめて短命でなかったら…と思ってしまいます。
家茂が留守がちななかで和宮と天璋院の仲もだいぶ改善され、様々な巡りあわせで大奥に足を踏み入れた自分たちの出会いに思いを巡らす家茂、天璋院、和宮、瀧山。危機に直面したり秘密を共有するというのは、否が応でも結束を強くさせるんだなあと感じ、そこには、血の繋がりとはまた別の絆、家族の形が描かれていました。
そして、和宮の爆弾発言「上さん(家茂)の代わりに私が」で大奥はどうなるのか…。
大奥の幕を下ろすのは天璋院の役目ではありますが、どのような形になっていくのか…。
気になるところです。

« 七つ屋志のぶの宝石匣⑨ | トップページ | 砂漠 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七つ屋志のぶの宝石匣⑨ | トップページ | 砂漠 »