2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 秘密⑫ | トップページ | 後宮の烏③ »

2019年10月22日 (火)

未必のマクベス

Mihitsunomakubes

日本、香港、マカオ、タイ、そしてベトナム。

早瀬耕
「未必のマクベス」

IT企業で交通系ICカードの販売に携わる主人公が大きな契約をまとめた直後、香港の子会社に出向になるところから始まるお話。
読み始める前に想像した以上にきな臭く、主人公が、まさかあんなことまでしてしまうとは…という部分も含め、スリリングな展開にあふれていました。
交通系ICカードってどんな仕組みになっているかなんて深く考えずに普段使っていますが、知識と悪意があったら色々できちゃうんだなあ…と恐ろしさを感じます。
魅力ある登場人物が満載で面白かったし、軽すぎず重すぎず、海外文学を翻訳したような文章と会話もいい感じ。
そしてシェイクスピアの「マクベス」とリンクしていて、ということは、この後の展開は…と予想しながら読むのも面白かったです。

« 秘密⑫ | トップページ | 後宮の烏③ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秘密⑫ | トップページ | 後宮の烏③ »