2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 思いがけない贈り物 | トップページ | 代車生活 »

2019年12月25日 (水)

くるみ割り人形

Kurumiwariningyo

クリスマス読書③

作:E.T.A.ホフマン 絵:サンナ・アンヌッカ
訳:小宮由
「くるみ割り人形」

お父さんからもらったクリスマスプレゼントのくるみ割り人形をとても気に入ったマリー。
しかし兄のフリッツに壊されてしまい、その夜マリーはとても不思議な体験をする…というお話。
バレエ作品としての「くるみ割り人形」でのあらすじはなんとなく知っていましたが、それよりもだいぶ複雑で、前後のお話が付け足されているなあという印象でしたが、とても面白かったし、シンプルな線や図形の組み合わせでデザイン性の高い挿絵が素敵でした。
ところで…ラストがハッピーエンドではあるものの、なんとなくモヤっとするというか…。その前の段階として、マリーが口数少なく夢想がちになって、「小さな夢見がちやさん」と呼ばれるようになっているところも気になるところです。

« 思いがけない贈り物 | トップページ | 代車生活 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いがけない贈り物 | トップページ | 代車生活 »