2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« いだてん㊼※最終回 | トップページ | 国立西洋美術館「ハプスブルク展」 »

2019年12月16日 (月)

上野の森美術館「ゴッホ展」

_20191221_065938

ゴッホに会いに。

上野の森美術館
「ゴッホ展」
2019年10月11日(金)-2020年1月13日(月・祝)

オランダ生まれの画家・フィンセント・ファン・ゴッホ。
彼自身の作品に影響を与えた、ハーグ派・印象派などの画家たちの作品とともに、数々のゴッホ作品を紹介する展覧会。
ここ数年、ゴッホとその作品に興味があって、観に出かけるのを楽しみにしていました。
ゴッホの貴重な作品を目の当たりにするのはもちろん楽しく素晴らしい体験ではありましたが、私にとってはそれと同じくらいに、ゴッホ以外の様々な作品を目にすることもまた、素晴らしい体験となりました。
印象派のなかで紹介されていたルノワールの夢みたいに美しい色彩に心躍り、そして、ハーグ派の「灰色派」とも呼ばれたくすんだ色調の作品にも心惹かれるものがあり、新たな出会いがありました。
それにしても…30歳を少し過ぎた頃にゴッホが生活費の足しにしようと描いていた風景画や静物画は、当時全く売れなかったとか。そういう作品が今や、遠く離れた日本で展覧会に展示されているなんて、そう考えると何とも不思議だなあと思ってしまいます。

« いだてん㊼※最終回 | トップページ | 国立西洋美術館「ハプスブルク展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いだてん㊼※最終回 | トップページ | 国立西洋美術館「ハプスブルク展」 »