2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« バベル九朔(文庫版) | トップページ | 酒と恋には酔って然るべき③ »

2019年12月12日 (木)

サムライせんせい⑦

Samuraisensei7 

物語はいよいよ佳境へ。

黒江S介
「サムライせんせい」第7巻

幕末からやってきた4人のうち、最後のひとりは陸奥宗光。
前の巻でそれが分かって、…この人の最期って他の3人(武市半平太・坂本竜馬・岡田以蔵)のような感じと違うのになぜ?と思っていて。
とはいえ、武市と竜馬、武市と以蔵の関係と同じように、竜馬との間でこうならざるを得ないものがあったんだろうなあ、と。
武市と陸奥は初対面ではあるものの、武市と竜馬と以蔵の土佐藩の人々の子弟や友人としての関係やその人々の間で起こった事件が、竜馬と陸奥の子弟関係にも少なくない影響を及ぼしたであろうことは、なんとなく想像できるものがあります。
次の巻でお話は最終章に入る模様。
それぞれがもつ、現世(幕末)での心残りに決着がつくのかどうか、気になるところです。

« バベル九朔(文庫版) | トップページ | 酒と恋には酔って然るべき③ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バベル九朔(文庫版) | トップページ | 酒と恋には酔って然るべき③ »