2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 上野の森美術館「ゴッホ展」 | トップページ | 国立西洋美術館常設展 »

2019年12月17日 (火)

国立西洋美術館「ハプスブルク展」

_20191212_175958

つい、観てしまいました。

国立西洋美術館
「ハプスブルク展」
2019年-10月19日(土)-2020年1月26日(日)

ライン川上流域の豪族として頭角を現し、13世紀末にオーストリアに進出して勢力を拡大し、17世紀までヨーロッパの中心に君臨し続けたハプスブルク家。彼らによって集められた、絵画、工芸品、武具など、世界屈指のコレクションを紹介する展覧会。

…実は、上野へは上野の森美術館の「ゴッホ展」を観に出かけて、まあ、それだけのつもりでした。
それが…、自分の住んでいるところにはない紅葉がまだあって、そうだ、国立西洋美術館の外で紅葉をバックにロダンの彫刻を写真に撮っておこう!なんて思って、せっかくだから常設展示だけでも覗いていこうかな…とチケット売り場に並んで、並んでいるうちに、特別展も観ちゃおうかな~というわけで。

とくにこれを観たい!と思って出かけた訳でもないのに、気がついたらとても楽しんでいる自分がいました。
ハプスブルク家…とても遠い存在ではありますが、美しいものや凄いものを集めて愛でるという気持ちはどんな人間でも持っていることだなあと。ただ、そういうものをたくさん集めることが権威の象徴でもある、というところは、やっぱり自分の理解の範囲を超えているな…とも感じました。
今回、たくさんの展示された作品とともにハプスブルク家について知り、もっと知りたいという気持ちになりました。

« 上野の森美術館「ゴッホ展」 | トップページ | 国立西洋美術館常設展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野の森美術館「ゴッホ展」 | トップページ | 国立西洋美術館常設展 »