2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 善光寺 | トップページ | おさらい会 »

2020年2月16日 (日)

麒麟がくる⑤

大河ドラマ「麒麟がくる」
第4回:伊平次を探せ

道三から、鉄砲の作り方と、将軍家が鉄砲を大量に必要としているのかを探るよう命じられ、再び京へ向かうことになった光秀。
…旅費を負担する額について駆け引きする道三と光秀がなんだか可笑しいです…。
腕利きの鉄砲鍛冶の伊平次を探していた光秀は本能寺で三淵に再会し、さらに三淵に連れられて行った先で松永に再会。
ふたりとの会話で光秀は、鉄砲の力とは、戦を減らす抑止力になることだと彼らが考えているのだと知ります。
まあ…実際そうなのかもしれませんが、伊平次の「誰かに鉄砲を作ったら、それに負けじと別の人にも同じ数かそれ以上作らないといけなくなる」という方が、個人的にはしっくりくるというか、結局そうなるよね間違いなく…と思います。
だからこそ、三淵が「将軍家はまた京で戦をするつもりはない」と言おうが、松永が「俺は死ぬのが怖いから戦はなるべくしない」と言おうが、戦は起こってしまうのでしょう…。
さてそして、今回は将軍・足利義輝や細川藤孝など、この先も光秀そしてこのお話に関わる人々も登場してきたうえに、次回は細川家の周辺で事件が起こりそうなのが気になるところ。

« 善光寺 | トップページ | おさらい会 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 善光寺 | トップページ | おさらい会 »