2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 麒麟がくる⑨ | トップページ | 100分de名著「力なき者たちの力」 »

2020年3月17日 (火)

100分de名著「貞観政要」

Jouganseiyou

2020年1月の課題。

100分de名著
「貞観政要」
解説:出口治明

NHK-Eテレ「100分de名著」のテキスト。
「貞観政要」は、唐の第二皇帝である太宗・李世民の治めた貞観時代(中国史上4回しかなかった安定し繁栄した時代)の政治の要諦について書かれた本。
この番組で取り上げられるまで知らなかった本ですが、かなり興味深かったです。
国まで大きな規模じゃなくても、会社や、そのなかの部署や、家族や友人関係のなかでも当てはまることがたくさんあるなあと感じ、大きなことを変えるのは難しくても自分のできる小さなことから行動したいと思えました。
出口治明さんの解説のなかで、部下に対する太宗の相づちが「そうやな」とか「あかんな」になっているところがあって、親しみやすくて面白かったです。太宗と部下たちとの会話で、共通テクストを用いることで相手を納得させているということを解説していて、出口さんは、それをこの「貞観政要」に書かれている内容を説明するにあたって、ご自身も共通テクスト(となりそうなもの)を提示されながら説明されていて、ちゃんと実践されているんだなあと思いました。
それは自分の考えを人に分かってもらうには当然のことなのかもしれませんが、それをちゃんとできているのがとても良いなと思いました。

« 麒麟がくる⑨ | トップページ | 100分de名著「力なき者たちの力」 »

テレビ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麒麟がくる⑨ | トップページ | 100分de名著「力なき者たちの力」 »