2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 100分de名著「力なき者たちの力」 | トップページ | 自分チョコ »

2020年3月22日 (日)

麒麟がくる⑩

大河ドラマ「麒麟がくる」
第10回:ひとりぼっちの若君

今回はなかなか盛りだくさんな回でした。
まずは駒。幼い頃に過ごした旅芸人の一座が京を訪れていて、女座長・伊呂波太夫と再会。戦災孤児だった自分を助けて一座に連れてきた侍が明智家の人であると分かったのです…。この事実が駒や光秀の今後にどう関わるのか、気になるところです。
そして、光秀。今川の尾張侵攻に危機感を覚えた道三に尾張へ遣わされ、信長と対面。
今まで、個人的にですが、光秀のことを信長の側に仕える人→やがて信長を討ちとる人、という認識くらいにしか考えていなかったなあということにあらためて気づきました。
信長と、どう出会ったとか、考えたことがなかったなあと。
今更ですが、今までとは違った面で光秀と信長のことをこれから見ていかれそうなことにワクワクしています。
それから、信長と竹千代。竹千代が自分の父を信長が討ったこと、信長の腹違いの兄と交換で自分が今川へ行くかもしれないこと、それについて語る様子が賢すぎてびっくりです。
これも個人的にですが、今まで戦国ものに触れてきたなかでは、今川の人質である竹千代(家康)の印象が強かったので、それ以前をこうして見てこれたのは良かったなあと思いました。
そして、前回あたりからただの三河の者ではない部分が見え始めた菊丸。こちらの動きもなかなか気になるところです。

« 100分de名著「力なき者たちの力」 | トップページ | 自分チョコ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100分de名著「力なき者たちの力」 | トップページ | 自分チョコ »