2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ドラマまとめ2020年1-3月 | トップページ | 3月の観たい映画その後 »

2020年3月29日 (日)

麒麟がくる⑪

大河ドラマ「麒麟がくる」
第11回:将軍の涙

再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧。信秀は道三に援軍を頼むものの、尾張との和議を独断で決めた道三を高政や稲葉らが糾弾していて、美濃は一枚岩ではなく…、「兵は出せない」と尾張に伝えに行かなければならなくなった光秀。
織田が今川との戦に負けること、この戦に美濃が援軍を出さない、織田を見限り三河に寝返る。
そのどの道を選んでも帰蝶の身に危険が及ぶことを恐れていた光秀は、かつて京の将軍家の取り成しで美濃の内紛が収まった話を思い出し、道三に将軍家への取り成しを依頼しに戻るも、金がかかると難色を示すのでした…。
高政の取り成しで守護の土岐頼芸のもとを訪ねるが、道三をよく思わない頼芸はその願いに容易には首を縦に振らず。
まあ今までの経緯を考えれば仕方のないことかと…。
高政の父(道三)を討つ覚悟を知りなんとか将軍への文を書く気になってくれた頼芸。
…その後、京での三好長慶による下剋上の動きにより近江に逃れている将軍・足利義輝にお目通りが叶った光秀。
「世の中を平和にすることができる者が連れてこられるという麒麟」を自分はまだ連れてくることができぬ、と涙する義輝…。
それぞれの国や家の思惑によって、戦や下剋上の入り乱れる世の中、将軍の身も危なく、そんななか「麒麟を連れてくる人」ってどういう人なのか…と、見ているこちらもやるせない気持ちになってきます。
織田・今川の両家に和議を命じるという将軍のお墨付きをもらうことができた光秀。
しかしどうやら今度は美濃でもなにか起こりそうな模様。
そして光秀自身にもなにか大きな出来事がありそうな模様。
気になるところです。

« ドラマまとめ2020年1-3月 | トップページ | 3月の観たい映画その後 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマまとめ2020年1-3月 | トップページ | 3月の観たい映画その後 »