2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 半沢ニャオ樹① | トップページ | ときめく和菓子図鑑 »

2020年5月24日 (日)

麒麟がくる⑲

大河ドラマ「麒麟がくる」
第19回:信長を暗殺せよ

道三の死から二年。
越前で浪人の身として暮らしていた光秀は、将軍・義輝に鷹を届けるよう朝倉義景から命じられ、京へ。
将軍の戻った京は平穏になっているだろうと思っていた光秀ですが、実質、京を治めているのは三好長慶と松永久秀で、義輝には、上洛した信長の「今川に兵を退くよう働きかけてほしい」との申し出にも「今川よりも上の官職を与える」「それでだめなら相伴衆(管領に次ぐ地位)に命じる」ことくらいしかできないのでした…。
将軍自らも、その周りの人々も、将軍の無力さを感じているような信長との対面の場での空気のいたたまれなさ。辛いです…。
そんななか、信長を斎藤義龍(高政)が暗殺しようとしているという噂を耳にし、松永久秀の手を借りてそれを阻止することに成功した光秀は、義龍と再会。「次に会ったときはお前の首をはねる」と言っていた義龍ですが、自分のことを恐ろしく思って従っているだけの家臣ばかり、美濃を大きく豊かにするために光秀に手を貸してほしい、と持ちかけます。苦しい胸の内を打ち明けた義龍の様子は、今なら手を組んでもいいんじゃないか…とも思えましたが、光秀のなかには道三の「もっと大きな国をつくる」という言葉があり、それは美濃一国を大きく豊かにするという義龍の思いとは違うものだった、ということでしょう…。
道三の語った「大きな国」という言葉はこの物語のなかで、信長に出仕し最終的に信長を討つことに本能寺の変に至るまでの光秀の歩む道に大きな影響を与えるものとして位置付けられている気がしました。今後も色々な場面で出てきそうな気がします。
また、義龍による信長暗殺を阻止するために手を借りた松永久秀の「これで貸し借りなしだ」という言葉には、光秀のことを買っているとはいえ、この先、関係が変わる可能性もあるかも…という雰囲気を感じました。

« 半沢ニャオ樹① | トップページ | ときめく和菓子図鑑 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半沢ニャオ樹① | トップページ | ときめく和菓子図鑑 »