2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 100分de名著「ピノッキオの冒険」 | トップページ | ストロープワッフル »

2020年5月10日 (日)

麒麟がくる⑰

大河ドラマ「麒麟がくる」
第17回:長良川の対決

尾張では、道三が越前へ落ち延びる手はずを整えたのにそれを断ったとして憤る帰蝶と、道三の劣勢を知り兵を引き連れ飛び出していく信長。
明智荘を守るべく道三に味方すると決めた光秀でしたが、長良川を挟んだ戦いのなか、次第に敗戦の色が濃くなる道三。
そして高政が道三を討ち取ることで決着。駆けつけた光秀が目にしたのは、すでにこと切れた道三の姿…。
そして「わが父は土岐頼芸さまである」となおも言い募る高政とは袂を分かつ光秀。
明智城に高政の兵がせまるなか、明智家の当主だった叔父・光安から家督を譲られた光秀は妻の熙子や母の牧とともに越前へ落ち延び、伝吾たち明智荘の領民たちはそのまま留まり田畑を守ることを選び、ここで別れることに…。
明智家と領民たちの結びつきの強さ…これも高政から領地替えを匂わされて道三についた理由のひとつなのかもしれません。
美濃を基点に展開していた光秀の物語は、次は越前へ移ることに。新たな人物も登場するようなので、気になるところ。
一方、駿府から美濃へ向かう駒と菊丸。戦をしている美濃へ駒を行かせたくない菊丸と、なんとしても美濃へつき、自分の恩人である明智家の人物について知りたい駒。間に合うでしょうか…。

« 100分de名著「ピノッキオの冒険」 | トップページ | ストロープワッフル »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100分de名著「ピノッキオの冒険」 | トップページ | ストロープワッフル »