2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画「ハイジ」onTV | トップページ | どこかでベートーヴェン(文庫版) »

2020年7月21日 (火)

映画「コンフィデンスマンJP〈ロマンス編〉」onTV

Confidensmanjpmovie_20200721080401

2020年、テレビまたはDVDで見る4作目はこちら。

映画「コンフィデンスマンJP<ロマンス編>」

香港の女帝・氷姫ことラン・リウを新たなターゲットに据えた、詐欺師のダー子とボクちゃんとリチャード(そしてその仲間たち)。
そこに立ちはだかったのは、ダー子と過去に恋仲だった(?)恋愛詐欺師のジェシー、そしてかつてダー子たちが大金をだまし取った日本のゴッド・ファーザーこと赤星。どうなる、三つ巴の戦い…!というお話。

昨年映画館で観た作品ですが、今年、続編が公開になるということで地上波初放送がありました。しかもノーカットということで嬉しい限りです。
 
 ↓ 映画館で見たときの感想
 http://remit.cocolog-nifty.com/indoorkamediary/2019/06/post-ee59db.html

映画館で見たとき、長澤まさみさん演じるダー子たちが仕掛けたコンゲームの全容が明らかになった終盤を見て、そんなところから始まってたとは…もう一回見て確認したい!と思ったのですが、今回がその機会になりました。
結末を知っていたうえで見ると、ダー子たちが、誰をどんな意図をもって騙すための筋書きだったのかがよく分かる場面がたくさんあり、初見のときとはまた違った楽しみ方があって、でもまだ何度も楽しめる要素がありそうだなとも思いました。


さて…この映画の放送を楽しみにしているなか、放送当日、この作品からこのシリーズに登場したジェシーを演じていた三浦春馬さんがお亡くなりになりました。
何気なく携帯電話をさわったときにこのニュースが表示され、本当に…訳が分からなかったです…。
どういう気持ちで放送される映画を見ればいいのか…という気持ちにもなりましたが、恋愛詐欺師・ジェシーの颯爽とした素敵なところ、すべてが明らかになってからのギャップ、ダー子や竹内結子さん演じるリウとの王道の恋愛映画を模した美しいシーンの数々、やっぱりとても魅力的な俳優さんだったなあ…と思いながら見ました。
お芝居はもちろん、ダンスも歌も上手で。とても素晴らしく楽しい時間を、たくさんの人に与えてくれた三浦春馬さん。
こういう結果になったことに、理由があったかなかったか、どんな理由があったのか。
それを、明らかにするというか、推測であれこれ言うことが、どれほど必要なことなのか。
センセーショナルに報じすぎて、いちばん悲しく辛い思いをしているであろうご家族や身近な方々、大好きで応援していたファンの方をこれ以上苦しめることがこれ以上ないように…と願うばかりです。
いまはただ、たくさんの楽しい時間をありがとうございますという言葉とともに、ご冥福をお祈りいたします。

« 映画「ハイジ」onTV | トップページ | どこかでベートーヴェン(文庫版) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ハイジ」onTV | トップページ | どこかでベートーヴェン(文庫版) »