2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ドラマまとめ2020年4-7月 | トップページ | サンリツ服部美術館「染付」「テレスコビッチ」 »

2020年8月 8日 (土)

「麒麟がくる」までお待ちください


新型コロナウィルスの影響で6/7の第21話を最後に放送休止に入った大河ドラマ「麒麟がくる」。
休止の期間中、放送されていたのはこちら。

①特集番組「「麒麟がくる」までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」
 6/14「独眼竜政宗」
 6/21「国盗り物語」
 6/28「利家とまつ」
 7/12「秀吉」
②7/26「キャスト・スタッフが明かす大河ドラマの舞台裏」

①はかなり前の作品も含まれていて、初めて見るものばかりで、かえって新鮮でした。
とくに「国盗り物語」は今年の「麒麟がくる」と登場人物が共通する部分が多かったのが興味深かったです。
「利家とまつ」は世代的に、大河ドラマというよりも他のたくさんのドラマや映画で目にする機会の多い役者さんたちがたくさん出ていたんだなあと、今更ながらに思いました。ちょうど、まつ役の松嶋菜々子さんが同じころに出演していた「やまとなでしこ」もフジテレビで放送していて、今も美しい松嶋菜々子さんの、当時の若い女優さんらしいキラキラした感じをたくさん堪能しました。
「秀吉」はなぜか五右衛門が釜茹でにされようとしている場面だけはなぜかリアルタイムで見ていて…秀吉と五右衛門が古い友達という設定というのも何かで知っていたので、とても不思議なお話に感じたことを思い出しました。

②は春風亭昇太さん&小池栄子さん司会の「あなたが主役50ボイス」のなかから、大河ドラマの撮影現場の様子がわかる映像を「麒麟がくる」で駒を演じる門脇麦さんをゲストに紹介する内容。
過去10作の大河ドラマを紹介する内容にもなっていて、私が大河ドラマを見始めたのが2008年の「篤姫」からで、見なかった年もあるので全部ではありませんが、どれも懐かしい作品ばかりで…なんだか胸が熱くなりました。
なかには昇太さんの「おんな城主直虎」のときの今川義元姿での撮影現場リポートもあり、あのときの義元はほぼ喋らないキャラクターだったので、その姿で軽妙に喋りながらあちこち案内する姿は、なんというか、とにかく新鮮でした。

そして、8/30からの放送再開が発表になって、総集編の放送も発表になりました。
こちら↓

8/9  「麒麟がくる」まであと3週!総集編(1)旅立ち
8/16  「麒麟がくる」まであと2週!総集編(2)動乱
8/23  「麒麟がくる」まであと1週!総集編(3)誇り高く

3か月近い休止期間になりましたが、「麒麟がくる」からは離れつつも、過去作品に触れる、または思い出す時間にもなりました。
そして…とうとう帰ってくる「麒麟がくる」を楽しみに待ちたいと思います。

« ドラマまとめ2020年4-7月 | トップページ | サンリツ服部美術館「染付」「テレスコビッチ」 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマまとめ2020年4-7月 | トップページ | サンリツ服部美術館「染付」「テレスコビッチ」 »