2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 後宮の烏④ | トップページ | 落語百選・夏 »

2020年8月18日 (火)

映画「今夜、ロマンス劇場で」onTV

Konyaromancegekijounite

2020年、テレビまたはDVDで見る映画、5作目はこちら。

映画「今夜、ロマンス劇場で」

とある病院で看護師に「自分が書いた映画の脚本」のことを語る、ひとりの老人。
それは、映画監督を夢見る青年の前に、彼が繰り返し見ていたモノクロ映画のヒロインが目の前に訪れる…というお話。
ヒロイン・美雪の気が強く奔放な振る舞いに、青年・健司が振り回されながら過ぎていく時間。
ずっと一緒にいたいと願う健司。しかし美雪には「人のぬくもりに触れたら消えてしまう」という秘密があり…。
そんなふたりの恋の結末が気になるとともに、美雪を演じる綾瀬はるかさんが次々に見せてくれる素敵な姿の数々が魅力的で思わず見とれてワクワクしました。また、坂口健太郎さん演じる健司が、スクリーンのなかにいる美雪に恋していたものの、いざ目の前に現れたらその勇ましすぎる振る舞いで巻き起こす騒動に閉口しつつも心惹かれ、彼女の秘密とそれ故に彼女が選ぼうとしている道に心を痛める…そんな様子にも心を動かされました。
そして、このお話のラストシーンは、俳優さんの訃報などに接したとき、役者さんや監督さんなどの仲間の方たちが「あっちでまたお芝居やろうな」というコメントを目にすることがありますが、そんなことを思わせるような場面だなあと思いました。

« 後宮の烏④ | トップページ | 落語百選・夏 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後宮の烏④ | トップページ | 落語百選・夏 »