2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 100分de名著「ディスタンクシオン」 | トップページ | 映画「パラサイト 半地下の家族」 »

2021年1月24日 (日)

麒麟がくる㊷

大河ドラマ「麒麟がくる」
第42回:離れゆく心

毛利攻めの副将・荒木村重が信長に反旗を翻し、必死に説得にあたる光秀。
村重も丹波の国衆と同様に、義昭を捕えた際に裸足で引っ立てるなど将軍に対する酷い扱いを許せないと感じていたのです。
すべての戦は武士の棟梁たる将軍の復権につながっていると考え、鞆の浦に追放された義昭を訪ねると、そこには一日中釣りして過ごす姿があり、一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と…。
この頃の、そして京に近い土地の大名や国衆にとっての将軍や足利家という存在の大きさと、それはもう過去のもので自分がいちばん上に立っていると示したい信長に疑問を覚え、離れていく人々…。
武田方と通じているとして妻・築山と長男・信康を殺すよう信長に命じられたという家康も、光秀を密かに訪ねてきて信長に対する許しがたい思いを語ります。
将軍を今日から追放したとはいえ、天下を取るには道半ば。驕りと、焦りと、疑心暗鬼に駆られているように見える信長。
このお話も、残すところあと2回。
信長の最期、光秀の行く先がどう描かれているのか、気になるところです…。

« 100分de名著「ディスタンクシオン」 | トップページ | 映画「パラサイト 半地下の家族」 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100分de名著「ディスタンクシオン」 | トップページ | 映画「パラサイト 半地下の家族」 »