2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 後宮の烏⑤ | トップページ | 初恋の世界⑨ »

2021年3月25日 (木)

七つ屋志のぶの宝石匣⑬

Nanatsuyashinobunohousekibako13

志のぶ、宝石の街へ。

二ノ宮知子
「七つ屋志のぶの宝石匣」第13巻

宝石の街・甲府を訪れた志のぶ・顕定・鷹臣。
美味しいものと宝石にキャッキャしつつ、志のぶと顕定をからかって遊ぶ鷹臣…というほのぼのから一転、顕定の叔父・義実を知る人物が登場…。
晴子の足取りはかなり分かってきましたが、北上家の人々がどうなったのははまだ見えないようです…。
顕定の父が別荘を調べたとき、本当は何かあったんじゃないか…、だからこそ北上家の人々は姿を消したのではないか…とか、いろいろ気になるところがありました。
菖蒲(乃和兄)の周辺の人たちもかなり物語に登場してきましたが…、お話はどう展開していくのか気になるところ。

« 後宮の烏⑤ | トップページ | 初恋の世界⑨ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後宮の烏⑤ | トップページ | 初恋の世界⑨ »