2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« きのう何食べた?⑱ | トップページ | 100分de名著「金閣寺」 »

2021年6月 3日 (木)

金閣寺

Kinkakuji

「100分de名著」のために再読。

三島由紀夫
「金閣寺」

この本を読むのは、たしか読むの4回目くらいですが、毎回印象に残るところが違うのが面白いところ。
今回は、主人公の溝口が友人の柏木から尺八を貰って音楽に出会うところがとても印象深かったです。
私自身が尺八をやってるから思うのかもしれないのですが、音が出るまで苦労して初めて音が出たり、練習に没頭したり、とても美しく生き生きと描かれているように感じました。ですが…、そうやって音楽に没頭して癒されていても、金閣というものの存在の前ではそれも薄れてしまって、音楽ですべてが解決するなんてことはないのは分かっていても、なんだか残念というか気の毒だなと思ってしまいます。

« きのう何食べた?⑱ | トップページ | 100分de名著「金閣寺」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きのう何食べた?⑱ | トップページ | 100分de名著「金閣寺」 »