2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ポアロのクリスマス | トップページ | 作家の秘められた人生 »

2021年8月 3日 (火)

100分de名著「老い」

Oimeicho

2021年7月の課題。

100分de名著
ボーヴォワール「老い」
解説:上野千鶴子

NHK-Eテレ「100分de名著」のテキスト。
私にとっては「老い」はいつか来るものとは思いつつも、当事者感覚にはまだ遠い部分もあります。
上野千鶴子さんの解説のなかで、ご自身が40歳過ぎに新しいジャンルで研究を始めたことが書かれており、私自身が20代後半の頃「転職するなら30歳までにしないともう無理」と漠然と思っていたことを思い出し、ハッとさせられました。
40代50代でも、まあなかなか体や頭がついて行かないこともあるでしょうが、新しいことに挑戦することをあきらめなくてもいいのかもしれない…と少し勇気をもらう部分はありました。
反面、「老い」とどう向き合うか、それを周囲や多くの人にどう見せるか、または見せないのか、そういう面では、社会の概念にとらわれている部分もあるかもしれないけれど、その人や家族それぞれの考え方があり、「こうするべき」「こうあるべき」と決めるべきでもない、とも思いました。

« ポアロのクリスマス | トップページ | 作家の秘められた人生 »

テレビ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポアロのクリスマス | トップページ | 作家の秘められた人生 »