2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

ドラマ

2017年6月19日 (月)

おんな城主直虎:24

縁談の意味。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第24回:さよならだけが人生か?

今回のメインは、縁談。
武田家との同盟が崩れた今川は、領地に海のない武田に「塩止め」の制裁を行うとともに、国衆の離反を防ぐため、今川の家臣と国衆との縁談を積極的に進めているところで、井伊には、井伊の家臣である新野家の三女・桜と、今川の重臣である庵原家の助右衛門との縁談が持ち込まれたのでした…。
南渓和尚を通じて本人と対面しその人柄を確かめ安堵した直虎ですが、そうはいっても、井伊側からすれば、人質という性質を持っていることは間違いないことではあります。
そして直虎は、この縁談にヒントを得て、今川と同盟関係にある北条との動きを探るため、自ら縁談を利用することを思いつきます。
また一方、岡崎では松平家の竹千代に織田家から徳姫が嫁ぎます。この時代、まだまだ織田・豊臣と続く天下統一への動きは読めない部分もあった気がしますが、今川から離反し織田と手を結ぶという松平の選んだ道…、この後の歴史に大きな影響があった気がします。
さてそして…、話は井伊が行う材木の商いに戻り。気賀で中村屋にその商いを任せ、買い手がつきそうだといういい流れのなか…、今川との関係が微妙になりそうな流れもありそうで…気になるところです。

2017年6月18日 (日)

おんな城主直虎:23

仏像盗難をめぐる騒動。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第23回:盗賊は二度 仏を盗む

自分の領地で木を盗んだ盗賊を井伊が罰せず囲い込んでいると気づいた加藤が、領内の寺の仏像が盗まれ、その犯人が井伊にいる盗賊ではないか…と言い訪ねてきました。
結局それは、気を盗んだ盗賊を自分の手元に確保し罰したい加藤氏が仕組んだ狂言で、龍雲丸と南渓和尚の働きによって、その狂言を暴いて大事にするようなこともなく収まることになった訳ですが、その前に、加藤氏の訪問を受けた政次が、弟の妻・なつとの連携によって、龍雲丸たち一味が加藤氏に捕まらないよう動いたことも忘れてはなりません。それにしても…、「変な咳をしたら」と合図だったと言うものの、その咳が気になって仕方ないところではあります。
そして、木を伐る仕事が終わったら井伊の家臣になるよう誘う直虎、そして一味の面々がそれに乗り気となり、てっきりこの誘いを受けると思われた龍雲丸でしたが…「武家勤めはできない」と断りの言葉を。一味の人々も今後を色々と思い描いていた様子だったのに、この先どうなるのか…気になるところです。

2017年6月 5日 (月)

おんな城主直虎:22

井伊谷の人々vs気賀の一団。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第22回:虎と龍

前回、気賀で囚われの身となった直虎は、盗賊団の一味の木を伐り倒す技術を見込んで、材木の商いに利用することを思いつきます。が…、当然というべきか、以前井伊と隣の加藤氏の領内の木を盗んだ者たちで、直虎を攫った者たちでもある…と気づいてしまった直虎の家臣の人々。
一団の頭である龍雲丸に盗みはしないという約束を取り付け、家老である政次をはじめとした家臣に認めさせた直虎。しかし…、賭場をつくりそこに領民たちが出入りして農作業をしなくなったり、領民の酒が無くなったり、領内の娘が一団の者と鉢合わせしたり…、トラブルが続出し、やっぱり無謀な試みだったのか…とお互いが諦めかけるなか、直虎の考えた策は、井伊谷の領内の人々と気賀から来た一団が一緒に狩りをしたり食事をしたりする、というもの。お互いに、遠巻きに眺めているのではなく近くで接することによって、得体の知れない恐ろしいもの、とか、自分たちは所詮疑われ認められない存在だ、という思いが変化して歩み寄ることができる…という。そういうことって現代でも、自分の身近なところにもあるなあと思いながら、領民と一団が少し歩み寄れたのが良かったなあと思いました。 さ…そんななか政次の、直虎の領主としてやりたいことを認めつつも、やっぱり危険な目に遭わせたくないとか、困った事態に追い込まれて欲しくない…という思いでリスクを取り除くためにあえて厳しい言動に出るところ。見ていてなんとも切なく愛おしく思えます。こんなに思っていても直虎は、政次が色々うるさく言う…というのを心配して政次がいないところであれこれ相談したり小細工(?)したりするので、自らそういう立場に立つように振舞っているとはいえ…ますます政次が不憫に思えます(苦笑)。

さてそして。井伊の領内に気を盗んだものたちがまた戻ってきている…と感づいたお隣の加藤氏が次回動く模様。一旦まとまった井伊の領内でまた色々もめそうで気になるところです。

2017年5月29日 (月)

おんな城主直虎:21

直虎、囚われの身に。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第21回:ぬしの名は

井伊谷でつくられた綿の布を売る場として、方久・六左衛門とともに浜名湖の近くの港町・気賀を訪れた直虎は、気賀の商人・中村与太郎と会い市場に立ち寄ったところ、銭入れを盗まれ、犯人を追いつめながらも逆に囚われの身となってしまいます…。
そして、そこに現れた盗賊団の頭(かしら)から、「領主は泥棒」と言われ反発しつつも動揺する直虎。土地を治め年貢を取る領主が、人のものを勝手に自分のものにして搾取している存在だという考えを持つ人がいても、まあおかしくはないかな…とも思うし、それを良しとしない人がいても仕方ない…という気もしますが、一方で、そういう仕組みで動いているものを壊すのは容易ではないし、もうそういうなかで進んでいくしかない…というのもあるかもしれません…。
さて…、盗賊団と井伊の間での交渉や政次・傑山の働きにより無事に戻ってきた直虎は、盗賊団の頭に、盗賊団の人々を材木の売買のために雇うことを持ち掛け…、ようやくここで、最初は旅の男として現れ、名の分からない存在だった彼が「龍雲丸」という名を明かし、今回のタイトル「ぬし(君)の名は」らしい決着。
ですが…、龍雲丸が以前領内の木を伐り盗んだ男だと直之が気づいてしまい、またまた揉めそうな気配で気になるところです。

2017年5月22日 (月)

おんな城主直虎:20

とわ(直虎)としの、そして。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第20回:第三の女

前当主・直親の娘を名乗る少女・高瀬がやってきて、あらたな騒動が起こる井伊谷。
本当に直親の娘なのか、武田・今川をめぐるきな臭い時勢の折、武田の放った間者ではないかという意見、もし本当の娘であれば度々の戦により家中の人数の減った井伊谷では願ってもない人物という意見…。
そんななか、母親がよく歌っていたものだという彼女の口ずさんだ歌が、幼なじみであった直虎や政次には聴き覚えのある直親(亀之丞)が笛で奏でていたものと同じ分かり、高瀬を直親の娘と認めることにした直虎。
今回印象的だったのは、高瀬をどうにか遠ざけられないか…と苦心する政次の言葉や表情、そして直虎としのが、高瀬の登場で妙な具合に意気投合したところでしょうか。
こうして色々な人々のそれぞれの思惑があった末に井伊に仲間入りした高瀬。しかし、井伊谷を訪れた間者・常慶の姿を目にした彼女の何ともいえない表情が気になるところです…。

2017年5月15日 (月)

おんな城主直虎:19

犯した罪と与える罰。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第19回:罪と罰

今回は、井伊の領地と隣の近藤の領地で木が盗まれる事件が起こり、捕まえてみると、直虎が偶然出会った「旅の者」だった…というお話。
盗人は打ち首にするべきという中野や小野、それに反対する直虎。直虎の「打ち首にしなくても何か仕事をさせれば」という気持ちは分からないでもないのですが…、国を守るために厳しい罰を与えなければというのが、この時代の常識なのかなあという気はしますね…。
結局、男を牢に入れたまま何も決まらずにいるうちに男に逃げられてしまう…という結末。この先、「謎の男」の正体がもっとはっきりするのか、また、直虎ともかかわっていくのか…、気になるところです。
そして一方駿府では、寿桂尼の病気が快復したのは良かったものの、甲斐では武田信玄が、謀反を疑って幽閉していた嫡男の義信を廃嫡し、義信の妻で今川家から嫁いだ氏真の妹とは離縁…という事態になり、今川と武田には決定的な亀裂が入り、今川は松平と手を組む展開に向かいそうなところ。いよいよ緊迫してきました…。
…そんななか、井伊谷に現れたのは先代当主・直親の娘だと名乗る人物。井伊谷も再び慌ただしくなりそうです…。

2017年5月 8日 (月)

おんな城主直虎:18

仲たがいしていたふたり、ようやく。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第18回:あるいは裏切りという名の鶴

直虎が新しい商いにと進めていた種子島(鉄砲)の製造が政次の知るところとなり…、虎松の後見を降りるよう迫られた直虎はそれを受け入れ、駿府へ向かうことに。しかしそこへ先回りしていたのは方久。鉄砲をつくっていたのは謀反のためではないという申し開きによって直虎の窮地を救うことに。
今まで、家臣たちに救われてきたことで城主としての自信を失くしつつあった直虎は南渓和尚から渡された兵法の書物を読み、政次は自分を欺きながら井伊を守ってきたということに気づきます。政次の井伊や直虎を守りたい気持ちをずっと想像し見守ってきた、ドラマをずっと見続けてきた身からすれば…とうとう政次の思いが報われるときが来たんだなあというところではあります。
武田家で信玄が実の子である義信の謀反を疑って幽閉するという事態になり、義信には今川家から義元の娘が嫁いでおり同盟関係にあったのですが、この事態によりその関係が揺らぎつつあり、そんななかで松平家が勢力を伸ばすことが予想され…、周辺の大国の動きに翻弄されそうな井伊の立場…、これからが気になるところです。
そして…次回のタイトルは「罪と罰」。ドストエフスキーの小説と同じく「盗み」がテーマの回らしいのですが…、今川の動きとともにこちらも気になるところです。

2017年5月 7日 (日)

おんな城主直虎:17

あらたなる取り組み…。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第17回:消された種子島

直之の持ってきた種子島(鉄砲)の威力に驚く直虎。これからの戦のために買いそろえるべきと主張する直虎と、そのための資金を考え躊躇する直虎は、高いなら自分たちでつくり他へも売って新しい商いにすればいい、と考えつきます。
その一方、龍潭寺へ手習いに通い始めた虎松。周りの子どもたち(政次の甥・亥之助や直之の弟・直久など)に虎松に対し手加減をしたりわざと勝たせたりしてはならないと直虎が言い聞かせたことにより、なにをやっても上手く行かない虎松は手習いに通わなくなってしまいました。今風にいうと、登校拒否でしょうか…。跡継ぎは強くなければならないという虎松と、だったら跡継ぎにならなくてもいいと言う虎松の母・しの。子どもが辛い思いをするのを見るのが辛い母親の気持ちが分からないでもありませんが…。結局、“父親代わり”として虎松に接する直虎と、勝ちたいという気持ちが芽生えた虎松をしのが応援しようという気持ちになったところで、この問題は何とか解決。
…というところで、保管していた種子島が無くなってしまうという問題が発生。種子島を持ちだしたのは、甥の亥之助が拾ってきた鉄砲の弾を見て直虎たちの動きを探っていたらしい政次。直虎や直之たちからすれば、政次を信用ならない人物と思っているために隠しているのは当然の理屈ではありますが…、政次側からすれば、駿府では直虎に後見としてのお墨付きを与えた寿桂尼の命が危なくなっているという状況もあり、色々隠されると後々それが自分のあずかり知らないところで明るみに出ると直虎を守ることができない…という思い。もっと言えば、色々理由を付けて直虎を後見から退かせることが、直虎を守るいちばんの策…というところ。このふたりがうまく行かないのは、政次の思惑が直虎には伝わっていない、そして政次もそれを伝える気はなさそうだ…というところという気がします。そんな事態が次回動くのか…気になるところです。

2017年4月24日 (月)

おんな城主直虎:16

人手不足解消の方法とは。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第16回:綿毛の案

井伊家の財政立て直しの策として瀬戸方久は綿花の栽培を直虎に提案。しかし人手不足により、綿花を売るほどたくさん栽培するのは難しく、また、先に定めた、耕す人のいなくなった土地を新たに耕した者にその土地を与え三年間は年貢を免除する、という「三年荒野」の策も思うようには進まないことを知る直虎。人手を集めようと村々を回る直虎はそんななかでとある旅の男と出会い、人は金で買える、と教えられ情報を得るため茶屋へでかけた直虎と直之。そこへ、行き先を告げていなかったはずの政次が現れ、井伊谷へ行けば土地が手に入るという噂を流せばいいと言い残して去っていき、その通りにするとやがて井伊谷にはたくさんの百姓がやってくるのでした…。
幼馴染として信頼していた政次に裏切られたと思う直虎が、政次を頼りたくないと意固地になる様子、そして、直虎に厳しい態度で接するけれど実は直虎のことを(というか幼馴染のとわを)守ろうとしている政次の(でもそれを表に出すことはできない)葛藤。なんという、少女漫画的展開。大河ドラマでこんな…!という否定的な考えの方ももちろんいるのでしょうが、少女漫画で育った(というか今も読んでる・苦笑)私にとっては親しみやすく毎回楽しみです。
さて…、そんな井伊谷とは別に、駿府では寿桂尼が倒れ…大きな動きがありそうな模様。これを知った政次がどう動くのか、そして、井伊谷では直之が手に入れてきた種子島(鉄砲)をめぐる騒動、そして直虎が偶然出会った旅の男がどんな風にこれからの展開に関わってくるのか…気になる部分がたくさんです。

2017年4月19日 (水)

ドラマまとめ2017年1~3月②木-日

今年の1~3月に見ていたドラマのまとめ。
後半は木~日曜です。


木曜9時・テレビ朝日系
「就活家族~きっと、うまくいく~」
三浦友和さん演じる大手鉄鋼メーカーの人事部長である父、黒木瞳さん演じる私立中学の国語教師である母、前田敦子さん演じる宝飾メーカーのOLである娘、工藤阿須加さん演じる就職活動に苦戦中の三流大学生の息子。この4人家族がそれぞれに就職活動をすることになってしまう…というお話。
最初の時点では4人のうち3人がなんらかの職に就いている、なのに全員が就職活動へ…。というわけで、ぜったい暗い話だろうなあ、見るの辛そうだなあ…と思いながら見始めて、確かに、それぞれがそれぞれに辛い立場に立たされたり悩みを抱えたり、そして信頼関係が崩れ精神的にも物理的にも家族がバラバラになってしまう…という展開にもなってハラハラさせられて、サブタイトルのように本当に「うまく、いく」のかすごく不安になりましたが、最後には清々しい「うまく、いきそう」な終わり方でホッとしました。

木曜11時55分・日本テレビ系
「増山超能力師事務所」
超能力者によるビジネスが行われている…という架空の日本が舞台の、超能力を持つがゆえに良いことばかりではない経験もしていた人々が、ココリコの田中直樹さん演じる所長のもとに集まり、超能力を使った浮気調査や人探しなどのトラブル解決をしていくお話。色々なタイプの超能力を持った人が集まっているからこそ、トラブル解決の方法のための調査も色々な方法があって面白かったです。オッと思ったのは、話を聞きに行った人に探している人のことを訪ねて、その思い浮かべたものを読み取ってデジカメに念(?)を送って写真にしたところ。そんなことが本当にできたら、メモをとったり似顔絵を描いたりするよりもずっと早くて確実そうですよね…(苦笑)。

金曜8時・テレビ東京ほか
「三匹のおっさん3」
還暦過ぎの仲良し3人組のおっさんたちがそれぞれの得意技(?)を使ってご近所のトラブル解決をしていくお話。なんだかこう…世知辛い世の中のせいか、詐欺とか詐欺っぽい手口とかで、個人情報を集めたり法外なお金を手にしようとする人が登場するエピソードがかなり多かった気がしますが、そんなときも、思いがけず、また、やむにやまれぬ事情によって関わってしまった人には温情熱く、しかし、そういう人の弱みに付け込む人には大変手厳しく…、そんな時代劇的で人情的な展開が今回も楽しかったです。

金曜深夜0時12分・テレビ東京ほか
「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」
遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さん(※50音順)。6人の俳優さんたちが共同生活をするお話。6人の俳優さんたちはもちろん、仕事仲間として登場する人たちもほとんどの人たちが実名で自分役として登場するところや何気に隅から隅まで豪華キャストなところはすごく贅沢。そしてそこに架空の自主製作映画とか、6人が撮影に出かけるドラマや映画があったり、毎回の最後に6人がとりとめない会話をしているところが面白かったです。

日曜9時・フジテレビ系
「大貧乏」
小雪さん演じるシングルマザーの主人公・ゆず子が、洗濯機の故障で家が水浸しになったうえに会社の倒産で仕事を失い突然無一文に。そんななか、新しい仕事を求めてでかけた同窓会で、伊藤淳史さん演じるゆず子に高校時代から憧れていた弁護士・柿原と再会。会社の倒産の裏に隠された真実を追求していく…というお話。最初は、戻ってくるはずが戻ってこなかった積立金を取り戻したいというお話だったのが、ほのぼのとした家族の場面やコミカルな場面の一方で、倒産の裏に隠されたある大企業の闇…という結構シリアスなお話でもあり、成田凌さん演じる倒産した会社でゆず子と同じく働いていた春木とこの会社との意外な繋がりだったり…、見始める前に想像していたよりもたくさんの要素が詰め込まれ、色々なことを考えさせられる内容だったのは意外でしたが、面白かったです。

おまけ
日曜8時ほか・NHK総合ほか
大河ドラマ「おんな城主直虎」
今年も大河ドラマを見始めました。昨年の「真田丸」から引き続いて戦国時代。のちに彦根藩主となる井伊家の、その前のお話。主人公は女性に生まれながらも城主として井伊家を治めることになった井伊直虎。演じるのは柴咲コウさん。彼女の幼馴染で親戚にあたる亀之丞(のちの井伊直親)を三浦春馬さんが、同じく幼馴染で井伊家に仕える小野家の嫡男・鶴丸(のちの小野政次)を高橋一生さんが演じています。とはいえ…3月末に放送された分までに、直親は色々あって(ものすごく省略)この世を去っています…。だからこそ直虎が城主となったわけですが、ようやく城主としてはスタートラインに立ったというところ。少女時代のとわ、そして次郎法師としての時代を経て、城主としてのこれからが楽しみなところです。

おまけ2
土曜夕方5時30分・NHK-Eテレ
「クラシカロイド」
偉大な作曲家たちの魂を宿したアンドロイド“クラシカロイド”たちが活躍(?)するお話。
昨年10月から放送されていたこのアニメ、3月で放送終了。
音楽は素晴らしいけど、人間的にはたくさんの問題を抱えているクラシカロイドたち。でもそこがまた魅力的だったりもして、ロックやヒップホップなど様々なジャンルの音楽にアレンジされたクラシックの曲も思わず口ずさみたくなったり…、音楽の楽しさもあらためて感じることができました。第2シーズンの放送もすでに決まっているそうなので、楽しみです。


今年が始まって最初の3か月、今回も楽しいドラマにいくつも出会い楽しい時間を過ごすことができました。すでに4月からのドラマの放送が始まっていますが、また楽しめればいいなあと思います。

より以前の記事一覧