2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

雑貨

2016年12月30日 (金)

魁夷さんカレンダー2017

Image_3 

来年の準備、スケジュール帳ときたらこちらも。
カレンダーです。
もちろん2017年も魁夷さんです。
秋くらいになって東山魁夷館を訪れると、たいていミュージアムショップでカレンダーを置き始めるので、それを見て選ぶのがまた楽しみ♪
同じような大きさのものでも、作っている会社によって取り上げている作品ひとつひとつ、年間を通しての作品を取り上げるテーマが違っているので、より、自分の好みの作品、好みの流れのものを選ぼうという感じ。

Image_4

魁夷さんのカレンダーを買うようになってからずっと求龍堂のものを選んでいましたが、今年のは日経新聞出版社のもの。どこの会社のだから!というこだわりはなく、好きな作品、カレンダーとして自分の部屋に置きたい作品があるかどうかが重要なところ。

今回のカレンダーに使用されている作品はこちら。

  1月 濤声
  2月 たにま
  3月 残照
  4月 宵桜
  5月 道
  6月 静かな町
  7月 緑響く
  8月 緑の窓
  9月 松庭
 10月 秋翳
 11月 白夜光
 12月 白馬の森

魁夷さん好きとしては、あの作品もこの作品も入れてほしい~という欲を言い出したらきりがありませんが、今回のこれは、なかなかいい感じ。2017年も1か月ごとにめくるのが楽しくなりそうなカレンダーで嬉しいです♪

2016年12月29日 (木)

ペンギン2016→たれぱんだ2017

Image_2

新しい年が近づいてきていますが…、新しい年を迎えるにあたって準備するもののひとつ、それはやっぱりスケジュール帳です。
今年2016年はペンギンの表紙のものを使っていました。
そして…来年ですが、久々にたれぱんだに戻ってみました。
たまたまいつも行く本屋さんで見つけて、やっぱりまたたれぱんだだ!と。
じつはこのスケジュール帳にかかっているカバーも何気なく折り返しのところに小さなポケットがついているところもお気に入り。
来年もスケジュール帳を活用して過ごそうと思います。

2016年12月13日 (火)

市田柿マスク

Image_6

時々立ち寄るサービスエリアで見つけたもの。
市田柿マスク。
市田柿は南信地域で生産されている渋柿で、干柿として食べられるものです。
干柿ということは、製造時には皮を剥くわけですが…このマスクはその皮から作ったエキスを使っているのだそう。
ものすごく水分の多いマスクで贅沢だなあという感じ。あと、柿エキスですがゆずの香りがついています。個人的にゆずとか柑橘系の香りが好きなので、そこも良かったです。
3枚入りだったので、またそのうち使ってみようと思います。

2016年11月10日 (木)

ブックスタンド

Image

これ…いつのことだったのかあまり記憶にないのですが(でもたしか今年・苦笑)、東京へ出かけたときに本屋さんで見つけて買ったもの。
BIBLIOPHILIC(ビブリオフィリック)のブックスタンド。
シンプルなデザインと色に惹かれました。

Image_2 Image_3

実際に使ってみたのがこんな感じ。
ここに本を開いておいて読むとかそういうためのものではなく、ディスプレイするためのものですね。
背が高くしっかりしたつくりなので、映画やコンサート、お芝居のチラシなど紙一枚のものも後ろからしっかり支えてくれます。角度も寝かせたり立たせたり自在に変えることができるのも便利なところ。
私はブログに色々な写真を載せることが多いのですが、テーブルや床に寝かせた状態では上手く撮れなくてちょっと立てた状態にしたい…という場合にとても助かります。

この記事を書くにあたり、BIBLIOPHILICのHPを見ましたが、本のある生活を楽しむためのブランドということで、しおりやブックカバーから本棚などの収納用具、それに直接関係なさそうにも思える、読書をする空間を彩るグッズなど、さまざまなグッズがあってみているだけでも楽しめました。

BIBLIOPHILIC(ビブリオフィリック)HP
http://diskunion.net/bibliophilic/

2016年11月 5日 (土)

デイリーラシット2016-2017秋冬

Dailyrusset20162017

お気に入りのブランドの本♪

「Daily russet 2016-2017 AUTUMN/WINTER
SPECIAL BOOK」

ラシットの雑貨部門、デイリーラシットのブランドムック本。
ラシット自体お気に入りですが、デイリーの方は気軽に手に入れやすいアイテムが多くて最近お気に入りなので、カタログとして見るだけでもとても楽しいです。…ああまた何か欲しくなってしまいます(苦笑)。
付録はバッグとポーチ。バッグはポケットがないのが微妙なところではありますが、大きすぎず小さすぎず良さそうなサイズだから使えそうです。

2016年10月20日 (木)

汗かきエステ(バスソルト)

Image_5

なにか新しく入浴剤を試してみようと思い、見つけたもの。
お塩のお風呂 汗かきエステ気分、リラックスハーブの香り。
ひきしめ成分として天然塩と死海の塩、保温成分としてラベンダー・タイム・ホップなどのハーブエキスが入ったもの。
ずっとバスソルトは使ってみたい入浴剤だったものの、なぜか使う機会が今までありませんでしたが、確かに塩の効果なのか体が温まり汗もよく出る感じ。汗をたくさんかくとお肌にも良いので嬉しいところ。
ただ、ハーブにしろなんの香りにしても、香り自体はもちろんその強弱にも好みが関わってくるかなあと思います。個人的には、このハーブの香りは嫌いではないけれどちょっと強いなあという感じ。もっと自分に合うものがあれば良いなあということで、また探して見ようと思います。

 

2016年8月24日 (水)

OMFグッズ

Image_10

コンサートに行ったついでに、色々買いました。
OMF(セイジ・オザワ松本フェスティバル)のグッズ。
まずはTシャツ。これは女性用で、ロゴは後ろにだけ入っているタイプ。
仕事着の下に着るのにちょうど良さそうなので。
色違いの黒も欲しいところでしたがお財布の中身と相談して今回はお預けということで…。

Image_12 Image_13

あと、布雑貨をふたつほど。
左は手ぬぐい。五線譜の上にMを象ったロゴが音符みたいに並んでいるデザイン。
手ぬぐいは仕事のときには毎日、汗取り用に首に巻いているので何枚あっても困りません。とはいえ最近本当に数が多くなってきたので、増えすぎかも…(苦笑)。
右は小風呂敷。Mのロゴが大きく描かれたデザインのもの。何かを包んだとき、このロゴの赤と青のラインがどんなふうに形を変えていくのか…、実際に使ったときが楽しみです。

名称がSKF(サイトウ・キネン)から変わって、グッズもずいぶんイメージが変わったりし、グッズを見るだけでも楽しかったです。

2016年8月17日 (水)

ホスピタルポーチ

Hosupitalpoach1 Hospitalpoach2

通院のお供に。
私はあまり病院へ頻繁に行くことはない方なのですが…昨年の終わりくらいから、ちょこちょこと色々な病院へ通うようなことが重なったなか、今年に入ってから病院の近くの薬局で「お薬手帳」を作っていただく機会がありました。
しばらくは、お薬手帳のカバーに付いているポケットに診察券や領収書などを入れていましたが、それが嵩張るようになってきて、なにかもっと収納力のあるものが欲しいと思っていた時に見つけたものがこれ。
フェリシモの、通院セットひとまとめホスピタルポーチです。
診察券を入れる小さなポケット、お薬手帳や領収書、処方された薬をしまうポケットなどがついていてとても便利。
バラバラに保管しているとつい、分かっていても忘れてしまうようなものもありますが、ここに入れておけば忘れることも少なくなるということ、あとは病院でもらったものを入れる場所があるということはバッグのなかが散らからず後々病院関係のものを整理するのにも便利です。
なかなか良いものを手に入れました。

2016年8月16日 (火)

Wガーゼ海パジャマ

Umipajama2 Umipajama1

すごく久しぶりに「パジャマ」というものを買いました。
フェリシモのWガーゼ海パジャマ。
…じゃあ普段いったい何を着て寝ているんだ?というところは置いておきまして…(苦笑)、海や夏を感じさせる青い布地と海の生きものをたくさんちりばめた柄のインパクトに惹かれました。
ずいぶん暑さが厳しく、それが夜まで続く日もあるこの夏、愛用しています。

2016年7月26日 (火)

食べたり買ったり@大阪

今回の大阪訪問、最後のレポはこちら。
前回…2年前に大坂を訪れたときには、大阪城に行ったりだとかはしましたが、食生活が貧しい感じになったり、せっかく大きなデパートがたくさんあるのに全く足を踏み入れることもなく…というところがちょっと残念だったので、今回はそういうところも充実させようと思っていました。

Osakataberu201607141

さて、大阪1日目。
朝早くに高速バスで梅田に着いて、朝から近くの映画館で映画を観てました。
観終ってから、少し遠出(?)をする予定だったのでその前に、お昼ごはん。
「豊祝(ほうしゅく)」というお酒を造っている奈良の酒蔵のアンテナショップで海鮮丼をいただきました。ここのお店、夕方からは椅子がなくなって立ち飲みスタイルのお店になるらしいです。それもちょっと楽しそうです。

Osakataberu201607143_2 Osakataberu201607142

引き続き夜…というか夕方。
コンサートを聴きに出かける前に、大丸百貨店の地下で道頓堀くくるの明石焼きを腹ごしらえに。トロトロの生地のたこ焼きをだしに浸して食べるもの。お腹にどれくらい溜まるのかなあと不安でしたが、崩れやすく熱々のたこ焼きを、これまた熱いだしに浸すので自然にゆっくり食べることになり…最終的にはかなりおなかいっぱいになりました。
普通のたこ焼きも大阪を発つ前に食べたいと思っていましたが…なんだかんだで時間がなく、そこはちょっと残念でしたね。


Osakakau201607155_2 Osakakau201607154

そして大阪2日目。
この日は帰りの高速バスに乗る夕方までにお買い物!の日。
あべのハルカスの展望台で景色を堪能した後、下の階であちこちブラブラと。
富澤商店でローストアーモンドとドライキウイ、つぶジャムを2種類(ブルーベリーとメープルシロップ)を購入。東京の会社みたいなので、大坂じゃないと!という訳ではないですが、私の目的はあくまでもお買い物!なのでOKなのです。プロ仕様というか…わりと大ぶりなパックで売られているものもありますが、小分けのものも色々あって見るだけでも楽しかったです。
もうひとつは、あべのハルカスから地下鉄ののりばまでの間にある「クロワッサンの店
」で、たい焼きの形をした箸置きとドライバナナ。どちらも見た目の可愛さやインパクトに惹かれて。他にも心惹かれるシンプルな雑貨も色々でついつい長居(苦笑)。

Osakataberu201607151

あべのハルカスの下の階では、歩き疲れ&そろそろお昼を食べなければ…ということで、カフェモロゾフでワッフルをいただきました。これはアーモンドワッフル。フルーツやアイスクリームなどのトッピングが沢山あって、ワッフルを色々な味で楽しむことができました。見た目も美しく楽しみました。

Osakakau201607153

さてそして。
梅田に戻ってきて、まずはお茶の専門店・ルピシアへ。
梅田では阪神百貨店・阪急百貨店の両方の店舗でそれぞれに限定商品があるので、それが目当て。
阪神の方で「あめちゃん」を。結局限定のものはこれひとつしか買わなかったですね…。あとは、香りをかいでみて美味しそうだったカシスブルーベリー(紅茶)も一緒に購入。そこから阪急へ移動し、上の階の雑貨屋さんをぐるぐる見て回った後、地下へ。こちらでは限定商品ではなく、試飲をさせていただいたクイーンズマスカット烏龍の香りが良かったのでこれを購入。どれも家で淹れて飲むのが楽しみです。

Osakakau201607152

阪急百貨店ではもうひとつ。
東京方面などに出かけたときにも立ち寄るワッフルのお店「R.L(エール・エル)」を見つけたので、大阪限定のチョコナッツ味を。ついでにプレーンやメープルも…と思わないでもありませんでしたが、荷物が多くなりそうだったので今回は断念。

Osakakau201607151 Osakakau201607156

さて、最後の買い物はお土産。
串かつは家用。前回も大阪のお土産に買ったのですが、前回もそうでしたが今回も主に父がビールのお供にしているようで、順調に減っております。
もうひとつは会社用に中之島ラスクのキャラメル&アーモンド味。嵩張らなくて個包装になっているところが会社に持っていくのにぴったり。
このふたつを買ったのは、大阪駅構内のお土産もたくさん売っているセブンイレブンで、ここでウロウロしていた時間が長かったせいで、帰るまでに食べようと思っていたたこ焼きを食べ損ねた…と言えなくないかも(苦笑)。

今回の大阪滞在、コンビニで買ったものをホテルの部屋で食べるとかは極力やめよう…と思っていたのですが、その目標は達成できた気がします。
また、買い物にたくさん出かける!というところも、普段東京へ出かけてもこんなに何軒もデパートをハシゴしたことはなかったので、疲れた部分もありますが、普段できないことを、普段なかなか訪れない土地でできたのは良かったなあと思います。

そして…帰路ではなかなか遭遇しないアクシデントが。
なんと乗っていた高速バスが事故に遭い、事故現場にしばらく足止めされたうえ、事故現場と途中のサービスエリアとで代車のバスに二度乗り換える…という事態に。事故直後、乗っているバスはこのまま走れないらしい…と分かり、今日中に帰りつけるのだろうか…と心配もしましたが、定刻より約1時間半遅れでバスは終点に到着し、なんとかその日のうちに帰宅することができました。
びっくりする出来事でしたが、誰も怪我をせず、遅れもそれほどではなく済んだので、丸二日間大阪で楽しんだ最後に起こった印象深い出来事、という感じになったのは不幸中の幸いでしょうか。

普通のたこ焼き食べてないとか、阪急電車を生で見たり乗ったりしてない、とか…今回の大阪滞在でもやり残したことがありましたが、やり残したことがある方が、次に訪れる機会ができたときに訪れる楽しみがあっていいのかもしれません。

より以前の記事一覧